「テレワーク営業」と「リアル営業」からメラビアンの法則を考える①

こんにちは
リスクとは創造と準備である
不透明な未来を「原理原則」で照らすビジョン・クリエーター
保険ステーション中田です

ブログ連続投稿600日目

テレワークでの意思疎通が難しい…
テレワークでの商談はやりにくい…

・相手の表情が見えにくい、
・話がどのくらい伝わっているのか?わかりにくい、
・会話の間あいだに間ができる、
・通信環境によっては時差によるやまびこボイスに…
・会話のキャッチボールにタイムラグが生じると、スムーズに会話が進まない。

どこか、話を集中して聞いてもらいにくい
自分も集中して聞いていない…

商談の世界で、何かしらの意思決定をお客様がする訳ですが…
商品を購入「する・しない」

この辺の重要度が違ってくる。

何が違ってくるのか

リアルテレワークでは違ってくる

例えば、リアルな営業や対面販売だと、新規、初対面の人だと…
その人の見た目、人柄、態度…と言った、
なんとなく… その人の全体の雰囲気というのが、その人から購入する理由の一つになるはず

この、見た目、ファーストインプレッション…が非常に大事、、、、

相手に与える印象、雰囲気、存在感…
メラビアンの法則

メラビアンは、人間は他人とコミュニケーションを取るときに、「言語・聴覚・視覚」の3つの情報から相手を判断している、と仮定している、心理学の法則

・3Vの法則
・7-38-55 ルール

皆さんも一度は聞いたことのある法則ではないでしょうか?

人との印象は見た目…
視覚情報【Visual】が命… 55%

新規、初対面の方には、好印象を与える極意として、広く知られている

しかし、メラビアンの法則は少々ずれている。

人は第一印象55%で決まるものではなく…

image

感情的なメッセージを伝えるときに、声のトーンやジェスチャーが、言いたいことと一致していないと、スムーズなコミュニケーションは取れない

言語、聴覚、視覚すべてが表す内容に矛盾がなく、バランスが取れていることが必要

ようは…バランスなんだと

視覚・聴覚・言語の3つのハーモニーで第一印象が決まるもの
だから、視覚だけ良くても、結果的に、話す内容や声のトーンいかんでは、、、、
誤解させてしまう可能性があるというもの。

つまり、リアル営業は視覚・聴覚・言語がフル活動できるので、極端な話、多少、話や説明が上手でなくても、熱意・想い・真剣さ…等々で…まぁーこの人なら買ってもいいかぁー

わざわざ、休みの日なのに、時間をとってこんなに説明して来てくれている訳だし

購入理由の一つですから。

でも、テレワークはそうではない。
熱意・想い・真剣さは、なかなか伝わりにくい。
販売者に気を使う必要はない。
断りやすい

PC越しだと、このバランス、、熱意・想い・真剣さ…が、画面越しからは、なかなか伝わらないのである。

続く…

コメント

タイトルとURLをコピーしました