権利の主張と義務を果たす関係性!

こんにちは
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログ連続更新日 557日目

さて3日間、SDGs⑧
働きがいも、経済成長も
をブログに書いてきましたが…

政府は会社に対して「働き方改革」による
働きやすさの改善を求めています。

しかし、働き方改革が上手くいかない原因は、順番を間違えているから。

「残業時間を○時間減らせ」というトップからの指示で
「業務を効率化せねば」
「創造性・生産性を上げろ」
「何かアイデアを出せ」というパターン。

社員は「やらされ感」でいっぱいです。 

しかし、改革の一方で、従業員スタッフの
やりがいの改善はあまりクローズUPされていない

仕事に対するやりがいにフォーカスをしていかないと、
業務効率、生産性は高まっていかないはず

時短だの、有給だの、テレワークだの…
会社側があれもこれも整備しても、、、、
従業員スタッフ側の働きやすさの環境整備なので、
権利としては確かにそうなのですが…

会社が業績向上、収益を上げる為にスタッフも
義務を果たしてもらわなければなりません。

義務って言うのは、結果であり成果です。

従業員スタッフは権利を主張する代わりに義務を果たす❗️

要はバランスです

働き方改革の言葉が独り歩きして、経営者は体制整備に翻弄されている

そもそも、国連が2015年度に提唱している
SDGs17項目のうちの

⑧番「働きがいも、経済成長も」がベースで
安倍総理主導のもと…
「働き方改革」関連法案が施工された訳であり、

image

SDGs⑧番「働きがいも、経済成長も」
の方が実は先なんです。

私も経営者の1人として…経営者にとって
会社を経営する上で、特に「不」悩みって…
なんだろうって考えた時…

・資金繰り
・会社の売上
・クレーム対応
・取引先との関係
・銀行との関係
・労使交渉
・スタッフ採用(人不足)
…… 多分挙げると、たくさんあると思います

でも、私なりに整理すると、結局、経営者の悩みって要約すると、、、
この2つではなかろうか

それは…
① 売上が安定確保できるか?
② 人の問題

この2つの悩みが常に解消されれば、経営者って楽なお仕事です

ところが、常にこの2つに頭を悩ませられる訳です。

■ 経営者の抱える2つの「不」とは…

1.「業績向上」(売上の安定確保の問題)
2.「人」の問題 
(①スタッフの採用・教育・定着)
  (②労務トラブル全般)問題

今回のコロナだってそうです。
これは、全く予想だにしない事故みたいなもの、、、、、
売上の目処が立たない…
しかも、先行きが見えない…
従業員を抱えている、雇用している。
経営者として責任がある。

でも、売上げが立つのも、「人」がいるから。
だから、「人」を従業員を大切にしない会社の経営者はダメですよね

人材を「採用」し、「採用」した人材を会社の戦力にする為に「教育」する。
そして、戦力になった社員を長い期間働いて貰う為に、
「働きやすさ」と「やりがい」を持って働いてくれれば、「定着」してくれるのです。

人材の
「採用」→「教育」→「定着」
会社が持続的継続的に事業を行なっていく上で、大変重要なサイクルです。

この仕組みが、中小零細企業にはなかなか無かったりします。

そして、最後の、、従業員の「定着」という部分が
イコール「やりがい」を感じてくれないと
長く勤務してくれません。

末長く勤務してくれる為に…
「定着」してくれる職場環境にする為に
仕事の「やりがい」を

そして、やりがいを引き出すための一つとして
結果・成果を「評価する」制度を構築する事も
非常に大切になってきます

評価するものさしってなんでしょうか?

続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました