努力による結果ではなく、努力そのものが目的になっている。

こんにちは❣️
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログ連続更新日 546日

今日は26日
年度末で残り3営業日

来週は2020年 新年度になります。
そんな、4月を目の前に新年度の様々な行事、出張も殆どキャンセル

4月の新年度、経営会議の段取りをそろそろ進めるべく、準備し始める。

そんな、来期の予算計画策定の時期だが、やはり新型コロナショック❗️
というか、イマイチ…プラスイメージでの予算計画のイマジネーションが沸いて来ないのである…

人より努力をしたつもりなのに、結果を出せない人は多い

これは「練習をたくさんした」というところで満足しているから
「努力による結果」ではなく、「努力そのもの」が目的になってしまっている

結果が出ない…ということは何か「やり方が間違っている」

そんな時に弊社の企業理念を見て原点に立ち返って見た

どんな想いで…この会社を運営していこうと思ったのか?
弊社の社会的存在目的はなんなのか?

会社が永続的に発展していく事を考えるという事はすなわち
・自社の商品を売る為の思考とか…
・実績が上がる売り方の創意工夫❓
ではなく
お客様の利益を一番に優先する事

お客様が本当にこの商品が欲しいと思って貰う努力が出来るか?

企業努力はお客様のためにする努力

これが原理原則

今期も…お客様に喜ばれる営業活動を念頭においた年次計画を立てていこうと思います

このように原理原則に立ち返って経営計画を思考出来るって、アウトプットの賜物だと思います。
自分のモヤモヤを吐き出すことによって問題解決できるアウトプットの作業って大事な事だと思います。

自分の考えをフィードバックする意味でも

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました