フェイクニュースに引っかからない為の6つのポイント

こんにちは
保険ステーション中田 勝です。

ブログ連続更新日 543日

フェイクニュースいかにして拡散するのか…
現代社会、SNSを中心に相当数の情報量が受発信されている

情報を発信する側の自由に対して
さらにもっと大切なのが、
受け手の情報の取捨選択

つまり、この情報は、
本当orウソ

ニセの情報を信じてしまう人間の認知特性…

皆さんは、新聞の朝刊を読みますか?
ついつい、ネットニュースを見れば
いいやってなってしましますが…
ネットニュースやSNS等々は見たいものだけ見る

そして…記事を読んでいくと、
こんな記事も読まれています的
どんどん掘り下げられて、情報が偏ったり、
情報の透明性が濁ってくるケースも

そういう意味では、SNS等
見たいものしか見えない情報環境
~ ウソがこだまする部屋

フェイクニュース記事の処方箋… 
偽ニュースを見抜くスキルとして
この6項目を意識する

◆ 証 拠      その事実は確かなのか?
◆ 情報源    誰が作ったのか、作った人は信頼できるか
◆ 文 脈       全体像は
◆ 読 者       誰向けか?
◆ 目 的       なぜ作られたのか?
◆ 完成度     情報は同提示されているのか?

特に2番目の情報源を確認する習慣が大事

新型コロナウイルスの中、悪質なデマがウイルス以上のスピードで拡散している。

情報の受け手にも発信元にもなれるSNSの時代
デマから逃れる知識に加え、情報を鵜呑みにリテラシーも身に付けたい。

誤情報は事実よりも
遠く、深く、速く、幅広く
拡散する

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました