基礎体力とは言いますが、基本体力とはいいません!

こんにちは❣️
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

ブログ連続更新日 539日目

「基礎」「基本」について、違いってなんだろう?

日本語には同じような意味を持っていながら…
使い分けが…難しい言葉がたくさんあります。

日本人はこれらの言葉を無意識のうちに使い分けています。

「基礎」と「基本」
この2つの言葉の意味の違いとは…

ーーーーーーーーーーーーーーーー
①「基礎とは?」
 物事の土台になるモノのことです。

基礎という言葉は建築物の「基礎」が
由来になっています。

建築物の基礎はその上に何かを建てるために
絶対に必要なもの

他の分野で使う「基礎」も同じで、
物事の土台になって、これなしには
上に何も積み上げることができないもののこと

②「基本とは?」
物事の軸になるもののこと。

基礎の上にあるものです。

そして、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①基礎が客観的で把握できるのに対して
②基本は主観的な認識や価値観である
 為人によってさまざま。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、基本の「本」はそもそも物事の中心や正しさのことを表す

そして、これは
物事の軸になり、基本の一部を変えていく
さらに発展させ、応用することができます。

よって、基本は物事のどの段階からでも必要❗️と言う事になる。

では「基礎」と「基本」の使い分けとは

例えば、「運動の基礎」の例としては体力があげられます。
よく「基礎体力」と言いますが、体力は「運動の基本」になっていて、
体力がないと運動はできません。

「運動の基本」は色々ありますが、
例えば野球だったらボールを投げる動作やバットを振る動作などになります。

これは「基本動作」と呼ばれます。
「基本動作」は運動の「軸」になっていて、さまざまに発展・応用させることができる

例えば、ボールを投げる動作ではボールの握り方を変えるという
応用をすることで、変化球を投げることができます。

これも「基本の応用」の1つの形と言うことができるでしょう。

##################

基礎』と「基本」 の違い!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました