スタイルとノウハウ…の違い!!

こんにちは❣️
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから518日目【毎日更新中】

先日、外部講師の方に弊社事務所に来店頂き、社内の勉強会をした。
講習内容は生命保険分野。
従来の弊社の販売スタイルとは全く違うお客様に対するアプローチ

現在の販売スタイルα学んで
従来とはまた違う手法で、お客様に対する販売アプローチを…習得してもらい!

他の営業にも、今回の社内勉強会で自分達の武器の一つとして、
学ぶのか❓それとも拒絶するのか❓

彼らの変化に対する捉え方を私自身が観る事でどの様にして、新しい変化を受け入れて
己をUPグレードしていくのか…
考察をしていくつもり、、、、
そして、彼らに研修会終了後に感想を聴いてみた

案の定、従来の販売スタイルとは、お客様に対して、
従来のアプローチの仕方と、今回のアプローチは手法が全く違うので…
 うーん🧐という感じだった。

だから、当然ながら、うんっ
という反応を営業マンからされる事はおおよそ、想定は出来ていました、、、、

よく、
販売ノウハウとか
販売スタイルとか
いいますが、似て非なるもの‼️定義がまるで違う

ノウハウは物ごとの遣り方に関する知識。実践的な知識
一方でスタイルは個人や集団の固有の考え方。行動の仕方。

ノウハウは直ぐに真似をされるが
スタイルは理解されにくいが確立すれば、圧倒的な強豪優位に立てる

長嶋茂雄さんがジャイアンツの監督時代の話です。
黒星が続いて全く勝てなかったとき
どうしたら勝てるようになりますか?と聞かれ
長嶋監督は試合に勝つことです
と答えている。

答えになっていない

勝てるようになるためには、勝つこと。

勝てるようになるためには勝つことを前提とした
練習をする必要があります。

一所懸命練習して上手くなれば勝てるようになる。
しかし、本当に勝つ人はこうです。
勝つことを前提に練習するから勝てるようになる

勝つために課題を改善改良するから勝てるようになる。

① 練習量や練習の質から結果をイメージする
② 結果を出す為には、現状何が足りていて何が足りていないのか?
     結果からイメージする事が大事だ!
と、長嶋茂雄さんは多分、言っているのでしょう!

では、育成して勝つのではなく勝って育成する‼️と、いう感覚であれば、
会社はどうやったら
社員が育ちますか?教育できますか?

まず業績を安定させて発展する会社。
この先どうなるのか❓
ビジョンも無いようなわからないような会社に、いい人材は来ないと思う。

今いる社員さんも、自分たちの会社の業績がよければ、、、、
自分も一番頑張る
会社を成長させること‼️

伸びない会社では、やる気は起きません

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました