リテラシーという言葉の意味!!

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから517日目

連日、世界を揺るがす報道を発信し続けている、
コロナウィルスの感染情報

そんな中で、、、皆さんの中で、LINEトークで…
こんな投稿がここ数日で来ていませんか❓

今回に武漢ウイルスは耐熱性がなく、
26-27度の温度で死にます。  
そのため、お湯をたくさん飲む。 
親戚にお湯を飲ませれば予防できる。 
陽射しの下に行ってください。 
冷たい水、特に氷水を飲まないでください。 
お湯を飲むことはすべてのウイルスに効果的です。
ぜひ覚えて下さい。

このニュースに対し、LINEニュースでは、
以下の様なデマ情報が拡散しているから注意して‼️
と、注意を促している。

以下、ニュースの内容です。

さて、皆さまはリテラシーと言う言葉をご存知でしょうか?

リテラシー(literacy)の意味

リテラシーとは❓
教養と言う意
読み書きができる能力、その分野の応用、活用力、
理解力を意味する。

リテラシーという単独の言葉で使われる事はなく

* ヘルスリテラシー
* コンピューターリテラシー
* メディアリテラシー
* 環境リテラシー
* フードリテラシー
*サイバーリテラシー
etc…

といったように、関連する言葉をつながて「○○リテラシー」
というように使用されることが多い言葉

ビジネスシーンで、ビジネス用語として
定着しつつある「リテラシー」

例えば、
金融リテラシーというのはどういう意味か?

お金を上手に使う、貯蓄をする

お金を管理するためには、お金についての知識や
お金との付き合い方について適切な判断力が必要になります。

基礎知識を含め、これらを判断する力、応用する力が
「金融リテラシー」です。

ビジネスシーンでのリテラシーの使い方

本来「リテラシー」は、その大きな分野で
修得すべき知識を理解し活用する力、また分析し判断する、
総合能力を表す言葉として使用されてきました。

しかしビジネスシーンでは、その前後の状況に応じて、
限られた部分の応用力の高さを指し示す言葉として、
単独で使用されることが増えている。

○○○リテラシー

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました