洞察力と観察力の違いって?

こんにちは❣️
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

ブログスタートから509日目【毎日更新中】

「あっ❓」「あれ❓」「ん❓」

日々、仕事をしている時に、そんなつぶやきには、洞察力が潜んでいる。

■洞察力とは❓
物事を深く鋭く見抜く力・見通す力
観察しただけでは見えないものを、直感的に見抜いて判断する能力‼️

一方…

■観察力とは❓
単純に物事を目で見て、そのまま判断するのこと。

簡単にいうと
「観察力」は「目に見える部分」を見る力
「洞察力」は「目に見えない部分」を見抜く力

洞察力がある人は、自己に対しての気づきがあり、間違いなく伸びる

洞察力は、仕事の上での嗅覚である

営業であれば、クライアントの行動、しぐさ、言動から相手の意図が読めれば、
対策をとることができる。

検討するから・考えさせてもらうから

これが、1番多いクライアントの返し言葉。

わかりました‼️
では、なくて
検討する・考えさせてもらう
理由をクライアントから必ず聞く👂

クライアントがどの辺が検討事案なのか
料金なのか?商品なのか?
そして、いつまでに結論を頂けるのか?
必ず期限を決める‼️

クライアントに期限を決めないで
仮に一週間時間を空けて、、、
先日の件ですが…どうでしたか?

ゴメン、まだ考えてないんだわ〜

よくあるパターンだか、ほぼ迷宮入りしてしまう。

提案した側は、1週間待ったから、じっくり検討してくれてる筈た⁉️
と、勝手に思いこんでいるが、残念ながら、1週間待っての結果は
ほぼ、⭕️の状態は難しい…

なぜか?

お客様は決められないから結論が出せない。

だから…まだ、考えているから!
もう少し待って欲しい!

故に
決めるだけの判断材料を
相手に与えていないから。

だから決められないだけ。

それが分かっていれば、俺はこんなにがんばっているのに
なぜ決めてくれないんだ‼️
と不満を言うよりも
評価するクライアント側は何を望んでいるのか
を考えられるようになる。

洞察力と観察力はどちらも必要で
目に見えない無形のチカラである。

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました