無形の力と有形の力

こんにちは❣️
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから506日目【毎日更新中】

人間には「目に見えない能力」は平等に与えられている。
それは、思考と感情の二大要素。
言い換えれば…
考える力


感じる力

この2つを「意識」して行動した人こそ、様々な競争に勝っていける

これをノムさんは無形の力と呼んでいる

対して、有形の力はスコア化された数値の事

特にプロ野球の世界で言えば、、、、
打率、長打力、制球力、走力、肩の力…etc
は本当に紙一重の差‼️である。

一方
無形の力とは…文字通り外側に
出ない力見えない力

表面的には見えにくい力のこと

・観察力とか…
・決断力とか…
・ひらめきとか…
・鋭い力とか…
・分析力とか…
・判断力とか… etc…

といった力。

別にスポーツ界のみならず、私たち「一般社会」において、
天才とまでいかなくても、今後、学校教育や企業でも
この「無形の力」を色々な形を試験化して「数値化・スコア化」をする

現在、この数値化された値を基に人材の「適材適所の配置」に
各種企業の人事採用時に使われている。

コミニケーション能力とか…
処世術とか…
これらも、、、無形のチカラの分類に入るでしょう‼️

世の中は、学業も社会生活においても試験結果、数字での結果‼️

経過【プロセス】よりも、
結果全て

結果主義偏重の時代

でも、結果が全て‼️有形の力だけ‼️

人のポテンシャルは測れない。
無形の力にもフォーカスすることで、その人の登用の仕方も変わってくる

これは、指導する側の人材も無形の力をより意識した指導が必要になってくる。

我々の業種であれば、自分が話す知識、テクニックは基よりも
相手がどの様に聞いて理解してくれているのか?

相手の受ける心理である。

無形の力をフル活動して、観察力洞察力をフル回転しながら、
交渉を進める力こそ、無形の力ではないだろうか?

いわゆるであったり、タイミング🤭

人間には言い換えれば、
考える力感じる力
「目に見えない能力」は平等に与えられている。

とは、いえ…
無形の力はやはり、誰でも持っている訳では無いと思う。

・無形の力の必要性を感じた人

そして

・無形の力の必要性を感じて実践できる人

そして、何より
無形の力の必要性を感じて実践する事を意識できる人

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました