当たり前と思っている常識を疑う事は難しい事だ!!

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから494日目

桜を見る会の国会での与野党の攻防を見て思う事

安倍首相発言‼️
「私は募っているという認識で、 募集しているという認識ではなかった」

こんなTシャツまでが、ネットで販売されてしまう始末

はぁーっ

なんだろう⁉️こんな首相の言葉ジリを捕まえて、面白おかしく報道するマスコミもマスコミである

でも、この答弁はちょっとある意味面白すぎる

安倍首相の答弁と野党の質疑応答により国会答弁について、
何が正しくて何が不正なのか?

私達、国民はこの事件の真実を知る権利はある。

野党が一生懸命、自浄作用を働かせる為にもちろん追求する事も必要なんだか、、、
この事件で…
どちらかが勝ち
どちらかが
負ける

おおよそだが、この事件はもう、検討はついている

いつまで茶番をするつもりなのか分からないが、、、
それが、この事件の本質ではない‼️

なぜ、この様な事件になってしまったのかを、考える事も必要

日本の国会は一体いつまで与野党同士の足の引っ張り合いをするのだろうか
と、言う事のブログを私は書きたい訳ではなく

世の中はばかりではない。

ところが追求しだすと、勝ち負けで相手を打ちまかそうとする。

賛成と反対
可決と否決

議院内閣制において二択はある意味常識である。
でも、果たして今の多様性を求める昨今、、、
それで、、、いいのだろうか?

これ以外にもあらゆる事件が全て白と黒で終止符が打てるのか?

解決に進むのか何故なんだろうか、、、

人は何でも2つに分断して結論を出す習慣がある

 VS 味方ばかりでもない。

その間にある

中間地帯、グレーゾーンが一番広い。

真理は常に中間にある

自分と対立する人間の考えをよく聞き
時にはそうした人間に理解と協力を求める事も必要‼️

TOPに立つ人間は、常に一番広〜い
「白と黒の中間地帯」に思いを巡らせる必要があると考えさせられる

物事はなんでも単純な二元論で片付けられない。

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました