SDGsスクール「ビブリオバトルってご存知ですか?」

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから493日目

昨日の続きです

今回のSDGsスクールワークショップの課題の一つに、推薦課題図書

を一つ選んで、ビブリオバトルをする私が選んだ一冊は
FACT FULNESSファクトフルネス
という書籍です

さて
ビブリオバトル【Bibliobattle】とは…
京都大学から広まった輪読会・読書会、または
勉強会の形式で「知的書評合戦」とも呼ばれている。

課題図書から一冊自分が読んで面白いと思った本を持参。

ダウン

順番に一人5分間で本を紹介

ダウン

それぞれの発表の後に参加者全員で

ダウン

その発表に関するディスカッションを2~3分行う。

ダウン

全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」

これを選考基準とした投票を参加者全員一票で行い、
最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

今回のスクールでは、チャンプ本を決める様な事はしませんでしたが、
今回のビブリオバトルの目的は
グループで複数の情報(本の内容)を共有。

これが目的の発表なので、仲間にきちんと伝わる様な読み方や、
伝え方をしなければならないこれも、アウトプットの訓練

さて、この
FACT FULNESSファクトフルネス

あの、ビルゲイツやオバマ元大統領も絶賛した

2019年ベストセラー第一位

まず、この本を読んで
・世界の見方が変わる。
・楽観的に生きるヒント。
・決断の仕方が変わる。

これを読み終えて実感しました。

例えば、この本では、、、
A. 世界の人口の◯%が低所得国に住んでいるか?
=低所得とは一日2ドル以下(200円弱)  で一世帯が生活しているレベル
① 59%
② 32%
③ 9%

B. 低所得国に暮らす女子の◯%が初等教育を修了しているか?
① 20%
② 40%
③ 60%

みなさんも考えてみて下さい。
どれが正解だと思いますか?

正解はA・B両方ともに①が正解
と答えたあなた

答えは不正解です

人間は何かを選択・認識するときに
必ずバイアス「思い込み」が働く

正解はA・B両方ともに③が正解

①と答えを出した方のほとんどが世界はどんどん、
富と貧困の格差が年々広がっているんじゃないか

答えを2つに分断して考える

バイアス(思い込み)が掛かって選択をしようとしている

例えば…
人間の思考の癖として

■人間は無意識に2極化して考える
・先進国と発展途上国
・富と貧困
・正義と悪

本当にものごとを2つで分けれるの

例えば、中間層、もしくは富や貧困レベルを細分化したっていいですよね?

人間は良い事よりも悪い事に目が行きやすい
・昔を懐かしみ、過去を美化しがち。

人間は直線的に物事を考えてしまいがち
・このまま人口が増えていったらいつか地球はパンクする。という思い込み。

つまり、この問は世界は実は年々、富と貧困の格差は縮小して
いるというDATAが正解であり、①の回答は20年前の世界のDATAです

そして、このDATAを集めている方々の回答者の大半が、
専門家、学歴の高い人、社会的地位のある人ほど、間違いやすい

俺だけは正しい‼️と思い込むのも
また、バイアスがかかっている

頭の中で何らかの思い込みで

頭の中がUPデートされていないだけ

日常生活や、仕事において、実は無意識に渡したは
バイアス掛かりまくりなんだなぁと言う事に気付かされました

これ以上書きますとネタバレなので
興味のある方は是非是非読んでみて下さい

きっと、この本を読み終えた後に
・世界の見方が変わる。
・楽観的に生きるヒント。
・決断の仕方が変わる。

そんな本でした❣️

人を通して本を知る
本を通して人を知る

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました