地方創生とSDGsを考えてみる。

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから479日目

SDGs 昨日の続きです。

■ IR / Integrated Resort 統合型リゾート

カジノのほかホテルや劇場、国際会議場や展示会場などのMICE施設、
ショッピングモール等が集まった複合的な施設のこと。

因みに北海道はIR誘致の第一候補地に苫小牧市を挙げていたが、、、
2019年11月29日、IR誘致を見送る方針が発表されました。

各都道府県で候補地が出揃うなかで、2022年には以下の7都市で最終決まるらしい

さて、、
IR事業汚職で時の人である秋元 司 衆議院議員のワイロ汚職事件
すっかりIR事業自体、何か、負のイメージをもたらすイメージで報道がなされている

本来、IR事業推進派の人が期待していたモノって、
今後の人口減少問題、地域産業の発展と向上の為、
地方創生

国外の外資企業、資本力のある企業の力を借りて、
街をもっと活性化させる為の考えがあったのだか

どうか、IRの本質から遠ざかる様な方向に進まないことを願うのであります

さて、IR事業では無いのですが、それに近いケースとして、
北海道 後志管内の倶知安・ニセコ地区のアジア系企業のリゾート開発‼️

近年、目まぐるしく発展していく姿に目を見張るものがあります。
どんどん新しい物件が建設されている。

年末にクライアント先の会社に訪問した際、倶知安の地元住民の話を聴く機会がありました
また、地元企業の経営者の方のお話も。

外資系企業の進出で、どんどん街は開発されて行きます‼️

人口は建設ラッシュと共に道内外、海外からも、、、各地からスタッフ募集で流入し増加。
税収は法人、個人共にアップ⤴️

従って、街自体の歳入はアップ‼️もくろみ通りだか、、、

一方で‼️
マイナス面は、、、それに伴う、
公共インフラ【水道、電気、固定資産税】がアップ⤴️

町内の日常品の物価も時期によっては高騰‼️

特に、年末年始にスーパーに行くと、生鮮食品が全くない
年末に家でお鍋にしよう‼️にも、野菜が売っていない。。。。

ウニが一折49.999円という有り得ない価格。

街のコンビニには、ドンペリや、年代物の高級ウィスキーやブランデーが普通に販売されており、
スキー場内の一部のレストハウスでは、一杯3000円のラーメンが販売されていて、
お味は❓との質問に、リーズナブルな割に美味しいラーメンだと
そんなラーメンを食べているのは、東アジア圏の富裕層

何となく、、なんですけど…他の地域で今後、IR事業が始まると、
上記のような事が街全体で起きやしないかと

街は開発され、人はたくさん集まり、何不住なく、生活出来ているようだが、、
古くから住んでいる地元住民が、住みにくくなった結果、不動産を今なら高く売れると、
処分して、街を離れる。
息子夫婦にも誘われ、札幌へ出る事に

街を良くする為に、開発して税収をアップ⤴️して住みやすい街にと動いた結果の末路。

そういった、地元民の現状を見たり聴いたりと、、、
これが、今後、もしIR事業の一環として、候補地が進んでいく行く末ならば、、、
誰よりも街の発展を願う地元住民が1番割を喰ってしまうのではないのか❓

そして、何より代々、そこの地に根付いて商売をしていた販売店、飲食店も、
店をたたもうとしている事を聴くと、、、
新しい血が入って来た事と昔から住んでいる地元民が上手く融合して、
お互いに共存しあえる、、、

シナジー効果が得られる街作りができればサイコー
だか、、、、
今の倶知安、ニセコ地区の現状を見聞きしていると、
外側から見ると、景気の良さそうに見える反面、、、
外資主導の街作り推進ってどうなのよっ
って、思う⁉️

おそらく、街作りのルールがない中、若しくは整備が追いついていない現実、
どんどん開発が進んだ結果なのか

それに、和をかけて今回の汚職問題

正直、外国関連企業に街ごと乗っ取られるんじゃーないかと、危惧するくらい、
私的には、IR反対派に一票を投じたくなる

でも、この問題、、、反対か❗️賛成か❗️
の2択で考えると、、、ものごと、前に進まない。

そこで、○か❌の間をとった考え方ができないか?
と、この倶知安・ニセコ地区の問題をSDGs的に考えて見ると、、

まずは、典型的なトレードオフの問題‼️が既に起きていて、、、
街が豊かになっていく反面、従来から住んでいる地元民が色々な側面から、
住みづらい街になってきている。

逆に反対派に舵を切ってもやはりトレードオフは生じてしまう

SDGsの普遍的な目標として
誰も置き去りにしない‼️という約束を掲げています。

そんな、いいとこ取りな施策なんてない‼️と普通はおもうかも知れませんが、、
SDGs的には、トレードオフが起きない社会を目指している

地方創生問題がありますが、、、これを基にSDGs宣言するならば、、
まずは、、、

ではないでしょうか?

住み続けられるまちづくりを

■サステナブルな社会とは
=持続可能な社会のこと‼️

地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、未来の世代も考えた、
美しい地球で平和に豊かに、ずっと生活をし続けていける社会のこと❣️

これを
サスティナブルな社会
とよぶ。

もしもですよ⁉️

今の外国資本が、温暖化がより進展し良質な雪が今後降らないと、、、
判断され、事業投資から撤退し始めたとしたら、、、
この街の機能がサスティナブルな社会=持続可能な社会に今後なって行くのか

続きはまた、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました