SDGsビジネススクール

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから478日目

SDGsビジネススクール
札幌地区開講

本日から6月13日まで、隔週間隔の月二回、合計12回のカリキュラム

SDGsビジネススクールがスタート‼️

様々な角度から、アプローチからSDGsを学んでいく訳だが、

まず、SDGsビジネスの考え方として、、、、

① 17の持続可能な開発目標を達成させるためには、
どの様な課題【問題】を解決しておく必要があるのか❓

② その課題【問題】はなぜ
起こるのか❓…なぜの徹底追及。

③ 誰と協力すれば
誰ひとり取り残さないビジネスが作れそうか❓

パートナーを見つけ出して行動を起こす‼️

これから半年間のビジネススクールの中で、SDGsとはを
体系的に学んでいき、座学4割で、後の残り6割はワークショップ形式‼️
を通して、SDGsが果たす役割を考えていきたい

SDGsの学びの中で、
バックキャスティング的思考方法

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

未来のある時点で大きな変化が起きると想定した上で
それが実現するため思考方法。
未来から成立条件をたどって考えていくのが、バックキャスティングという思考方法

一方、
* トレードオフ
という考え方がある

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

何かを得るために、別の何かを犠牲にしなければ相容れない関係のこと‼️
何かを達成するために別の何かを犠牲にしなければならない関係のこと。

いわゆる
あちら立てれば、こちらが立たぬに相当する。 

たとえば、トレードオフの例で、、、
在庫管理には、にはトレードオフがつきまとう。

製品の在庫を減らすと、顧客のニーズに答えられず、販売機会を逃す。
逆に、製品在庫を増やすと、売れ残りが生じ、無駄に保管場所をとったり、余計な費用かかる

この様にSDGsをビジネスシーンに溶け込ませようとすると、必ず立ちはだかる壁‼️

トレードオフ‼️
明日は具体的にトレードオフにおける
ビジネスシーンにおける具体的事例をブログしたい

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました