2020年新年あけましておめでとうございます。

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから462日目

皆さま2020年
新年あけましておめでとう御座います。

今年も宜しくお願い致します

新年仕事始めは1月6日【月】からです

さて、ことしは9連休で既に、連休5日目ですが、
仕事も離れて久々にゆっくり家族で子供たちと
お正月🎍家族団欒をしておりますが、、、
そんな中、昼時のお正月TV番組を見ていると
現在の10代の認知度テストという番組
クイズ10代がもう知らない言葉

まさに、うちの三人の子供も18、16、11歳と、
この番組の調査年代ど真ん中に当たります

LD
コンポ
MD
赤チン
シルバーシート
ジャケ買い
ワープロ
ダビング
テレカ
リンス
1番認知度が低いのはどの言葉だと思いますか?

因みにリンスは今は、
コンディショナーというのが今の言い方らしい

でも、リンスという言葉を親世代が使っているから、
その方が10代は伝わりやすいと考えている

一方、ダビングという言葉は録画した番組をDVDに移す時に親がよくつかう言葉。
因みに10代はダビングではなくコピーすると言うらしい

ワープロという言葉も知らない世代になってきてるのかぁー

SHARPのワープロ【書院】シリーズ

10代のTV番組の調査結果

以下が、結果でした!
①LD                        0%
②コンポ     10%
③MD                       14%
④赤チン     16%
⑤シルバーシート 17%
ーーーーーーーーーーー
⑥ジャケ買い           36%
⑦ワープロ    51%
⑧ダビング    69%
⑨テレカ     71%
⑩リンス     100%

6位と5位になると、認知度がカクンっ
半分に落ちています

これも、家庭内で親と子の会話で
使っているか❓いないか❓
によって認知度が違ってくるらしい

よくみると、
①LD                        0%
②コンポ     10%
③MD                       14%
④赤チン     16%
⑤シルバーシート 17%

親世代と子世代の会話に
ほとんど出て来ない言葉なんです。
なるほど〜

例えば、シルバーシートという言葉
もともとは、シルバー=お年寄りではないっ⁉️

シルバーシートがお年寄りの優先席の座席が
銀色だった事から名付けられた

シルバーがお年寄のイメージがすっかり定着したから、
シルバー人材センター等々の言葉も出来た。

10代の子どもたちのコメントがアルミのレジャーシートみたい
車の日差しのヤツとか、、、
、、、、、、

第1位のLDは認知度0%

確かに今の子たちは
レーザーDISKなんて知らないし
見た事もないだろうなぁー

販売してないからなぁー
モノ自体を見た事がないから知らなくて当然ですかねぇー

レディースデイ
って答えていたもんなぁ〜

*1999年世紀末 → 2000年ミレニアム*2019年 → 2020年

あれからちょうど20年が経ちました

20年って長いですかねぇー
それとも短いですかぁー❓

時間の経過とともに、この世から無くなる商品があります。

MDを知らない世代が出て来た事にショーック

商品が無くなれば、商品名まで忘れさられるという事が、
番組をみていて改めて認識しました

年が明けて、また5月の誕生日でまた一歳、
年齢を重ねていきますが、そう思うと、、、
はぁ〜っと思いますね。

2000年からの2020年でこれだけ、
世の中変化している訳ですから、
ここから20年後の2040年の世の中って、
とれだけの事がアップグレードしているんでしょうか?

年賀状なんかも、ほぼほぼなくなっているんでしょうか?

人手不足で地方の配達が縮小されていくのは間違いないでしょう。

ドローンが運んでくるのでしょうか?

20年後と言わず、10年後の世の中がどうなっているかを想像すると、
そこに、また.ビジネスチャンスが眠っているのかも、知れません

今年はやっぱり5G元年ですかねー‼️
この5Gの技術が世の中の発展、進歩を牽引する重要な鍵になるでしょうか

あと、AIの加速度的な進歩、発展で、しょうか?

変革せよ、変革を迫られる前に

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました