本当の意味の「和」とは?全員が同じ方向を見ること

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから457日目

12月27日(金)
今日で2019年 弊社の御用納め

朝8時から、事務所の大掃除をスタート!

普段、掃除をしない、エアコンのフィルター掃除や
事務所前面の大きな窓ガラス

拭き掃除等‼️
皆、掃除当番表で割り当てられた、持ち場持ち場で黙々と掃除する

掃除をすると、無心になれる
そして、普段目が行き届かない場所にも、目がいく。

それはそれで、良い事だ

そして、正月モードという事で事務所に正月飾りをしていく

実感はないのだが、あと4日で大晦日なんだなぁー

年末大掃除からメンバーに感じること
組織において大事な事なのは、チームワーク‼️
しかし、時として、組織を優先すると自己判断ができなくなる。
でも、自己判断力を強化しその上でチームがまとまればよい

組織を優先するよりも
その持ち場持ち場の自己判断力を強化する事で
結果的にそちらの方がより高いレベルなパフォーマンスが発揮されるからだ

君子は和して同せず、
小人は同じて和せず。

という言葉がある

優れた人物は他人と協力しあうが
むやみやたらに群れない

意思や信念がない人はすぐに他人に迎合したり、同調するが
真摯に第三者と向き合い理解し会う事

はないという意味。

本当の意味の和とは、全員が同じ方向をみる事❣️

 おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました