SDGsの精神は「売り手良し、買い手良し、世間良し、未来良し、」の4精神!

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田 勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから451日目

今週は、1週間ですね。お取引先の年末のご挨拶周りをしている中で、
先方の社長様とお話しする機会がある中、SDGsのお話しをさせて頂いています

弊社の社章の下に、このバッジを付けていると、
質問してくる人も、中にはいらっしゃいます

逆にこのバッジ見た事ありますか❓って、
バッジから話を振る事もあります

とにも、かくにも、目立つバッジでは有ります

SDGsそのものは最近になって一般的な認知も進みだした言葉
(一般認知率27%:2019/8/21朝日新聞調査)

image

事業経営者はとにかく、売上げも、労務も、雑用も、
あれもこれも、やる事がやたら多い

でも、できる社長はとにかくアンテナ📡が高い
感性も非常に良い方が多いです。

そんな仕事で、お忙しい経営者のためにSDGsをどの様に伝え、理解してもらい、
うーん なるほど❓と言って貰える説明ができるのか

私も、色々と皆さまにアウトプットを試みました
そして、話しをしてみて、自分の頭の中を整理して考え直してみました

シンプルに相手方にSDGsを伝える方法は
三方良しの考え方➕ONEに行き着きました

日本の商いの文化では大変なじみの深い
三方良しの精神はご存知でしょうか

そして、多くの経営者の方は
次にこんな疑問をほぼほぼ、投げかけて来ます。

なぜ
SDGsの考え方=事業活動に取り入れる必要があるのか。

日本の商いの精神‼️

三方よし‼️とは…

* 売り手よし
* 買い手よし
* 世間よし

の3つのよしの精神のこと‼️

売り手と買い手が共に満足しさらに社会貢献もできることが、
よい商売の在り方であるという近江商人の心得

SDGsの精神って、そもそも、近江商人の心得に
バッチリハマっているとおもいます。

でも、SDGsはもう一つの軸を追加する必要が出てきたことです。

それは、未来良しという考え方

SDGsは国連で採択された世界規模の取組み事項です

実際のところ、SDGsについて何の知識もない一般個人にとって
世界共通と言うと少し大きな話になってしまいます

でも、地球温暖化やゴミの問題からジェンダー問題
貧困、格差社会、、、、
17個のゴールと169項目の目的を考え

image
image

地球規模
Think Globally、で考え、

地域密着で足下から行動する
Act Locallyの実践こそが、
サスティナブル【持続可能な】
地域社会を実現するために重要なことになります。

地域に密着する中小企業にこそ必要な視点になるはず。

SDGsの概念(地球規模の視点)を地域社会の事業に取り入れる

最初の一歩をぜひ❣️
起こしていければと思っています

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました