会社経営者の皆様、サイバー対策はどの様にされていますか?

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから436日目

先週に引き続き
今週も会議のため東京へ出張

北海道もいよいよ冬本番☃️
東京までの移動が大変な時期に来ました。

何が大変かって⁉️
吹雪による新千歳空港の滑走路
積雪による飛行機の遅延や天候による欠航になると
超致命的なので、余裕を持った移動や前入りが必要になってきます。

特に搭乗者数が多い朝の新千歳〜羽田便はなかなか、定刻通りには離陸する事がない。
なので、わたしは到着時刻みおプラス30分多めに見ている
と、本日搭乗便である羽田便に搭乗すると、なんか、見慣れぬ内装、
新しい機内だラッキー

JAL エアバスの最新鋭機
A350-900型に搭乗したようだ

この10月27日に新千歳〜羽田線運行を
開始したことは知っていたが、ラッキーである

機内の写真を撮りたいところだが、乗車するのに、
移動しながら撮るのは、至難のワザ

ゆっくり座ってソォーっとパシリ

クラスJシートですが、以前より更に重厚感が増し、
クラスJ席にはTVモニター搭載‼️

後方座席のエコノミークラスはどのようになっているのか、確認はできませんでした。

自分の座席番号もきっちり表示されていました

とにかく、新しいのは良い事です

さて、機内に乗り込んでから
早速、携帯片手に今日のブログを書き始める。
と、
機内でネットサーフィンをして見ていると、こんな表示が

詳細を表示のボタン押すと、、、、

なりすましサイト
通称 フィッシング🎣

フィッシングによる実害は
本物そっくりに作られた偽サイトは個人情報を盗み出すための巧妙な罠

表示された偽サイトに、いつも通りログインIDやパスワード、
クレジットカード番号などを入力てしまうと、

それらの個人情報が第三者の手に渡って悪用されてしまいます

世界中で見られる手口ですが、国内でも2016年に大手金融機関や
人気ショッピングサイトを装ったフィッシング被害が発生している

だれがターゲット?  
パソコン、
スマートフォン、
タブレット端末
の利用者がターゲットとなります。

どうやって?
メールに記載されたURLや検索サイトに表示されたリンクから
本物そっくりの偽サイトへ誘導し、そこで個人情報を入力させる手口が一般的。

今まではメールから誘導のパターンだった
■ メールから誘導
実在する金融機関やクレジットカード会社を装い
「本人認証」や「パスワードの変更」を促すメールを送り、
記載されたURLから偽サイトへ誘導します。

最近は検索サイトからの誘導パターン

私が機内でスマホを閲覧していて表示されたものがこのパターン

■ 検索サイトの検索結果から誘導
GoogleやYahoo!などの検索サイトに表示された検索結果から偽サイトへ誘導します。

最近、私ども損害保険業界として、ニューリスクとして、
捉えて各会社に情報提供しておりますが、
まだまだ会社経営者の方は、この辺のサイバーセキュリティー関係は
まだまだ認識が薄いといいますか、うちはとりあえず大丈夫👌やってるよ。
ベンダー業者のシステムに任せてあるし、セキュリティー対策しているから大丈夫⁉️……

果たして、万全なのか?

政府も報告義務化に着手‼️

会社希望の大小関わらず、経営者の皆さまに
順次、情報提供をさせて頂いております

会社経営におけるニューリスク。
ネットを繋げていない会社など皆無なはずです。

サイバー攻撃なんて何か、大げさな規模がデカい会社のイメージが、ありますが、
そういう会社の規模うんぬんでは無い。

ネットセキュリティー対策はどうぞ、各企業様のベンダーさまとお打ち合わせ下さい。

そして、ネット環境のセキュリティーの構築対策を色々として下さい‼️

私共、保険代理店の範疇分野は万が一、対策をしていても、
サイバー攻撃に遭われて被害にあった場合に
事故後、どの様に金銭的な被害者に対して第三者の賠償対策や
事業が正常に復旧出来る費用をご用意できるのか❓の、お手伝いです。

火災事故も同じです。
スプリンクラーを始め、防火対策を、完璧にしていても
火災事故がゼロにはなりません。

それでも、万一火災事故があった際に発生する、
建物を始めとする資産の復旧や被害に係る保険を必ず手当てしますよね?

なぜか?

もし、あなたの会社のPCが、ある日突然、ただの箱になって
しまった場合、事業が継続が出来ますか?

と、いった方がわかりやすいかもしれません。

事業を復旧する為には甚大な、復旧費用が掛かるからです。

サイバー事故が起きた場合、被害状況によっては、
火災事故なんか非にならない以上の甚大な損害が及ぶリスクがあるのです

 おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました