コールドドラフト現象対策!!

こんにちは😃 
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから425日目

今日も昨日に引き続き、小樽の気温も高め❣️
お昼頃に小樽運河付近の気温がな、なんと13.3度もありました

11月末でこの気温
結構な陽気でした‼️

観光客も、それなりに歩いてましたかねー
にしても、先週降った雪☃️が全く溶けてしまいました。

今日はですねー‼️
弊社事務所の防寒対策の作業をする為に、市内DIYショップへ買出し。

事務所の構造上、前側なんですが、
ご覧のとおり、上から下まで窓面になっているため、

窓周りが、冬になると、かなり冷気が走って、
更に結露で窓枠周りもべちょべちょになり、、、、、、
冷暖房の空調がオール電気である弊社事務所の暖房効率、月の電気代
ランニングコストを考慮しますと、、、、
梱包材に使うプチプチ デス‼️

これを窓枠の周りに貼って、冷気が走る層を囲ってしまい、
下に冷気が流れない様にする

ただ、二階の窓はとても高いので、長い脚立に足場をとりながら、、、
慎重に作業し、、、取り敢えず、作業完了‼️

素人作業では、ありますが
これで、しばらく過ごしてみて、
どれくらい、コールドドラフト現象をカット出来るか

==================
コールドドラフト現象とは、窓辺で冷やされた
空気が冷たい風となって
室内の下層に流れ込む現象のこと

床近くと天井近くでは
5度以上の差が出てしまうこともある。

コールドドラフト現象が発生している建物では、
いつまでたっても部屋が暖まらず、
暖房の無駄遣いにもなりかねない

どんなに暖房を使っても、
寒い建物内になってしまう。
==================

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました