トレーニングにおける【3原理5原則】について考える!その②

こんにちは
経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから390日目

うーん
ラグビー🏉日本代表🇯🇵残念‼️

前半折り返した時点でいけると思ったけど、
しかし、南アフリカ、後半から強かった。
完敗だよ南アフリカ🇿🇦
このまま、優勝してくれ🏆‼️

さて、昨日の続きです。

② 可逆性の原理

トレーニングを行って高めた体力や筋量も、トレーニングを
止めてしまえば元のレベルに戻ってしまう
これを「可逆性の原理」という

体力や体型を維持するためには、トレーニングを継続していく必要が、あるのです。

これも、ビジネスにおいて、又は人間の成長においても可逆性の原理は通用します。
一つのことを習得するのに、継続性、反復性がないと技術の習得は無いと言う事です

特異性の原理

トレーニングはやり方によって効果が変わり、これを「特異性の原則」といいます。
筋力を高めたいのに筋持久力を高めるやり方をしていては、求める成果は現れません。

どんな目的であれ、目的に合った正しいやり方を行う必要があります。

これも、ビジネスの世界でも当てはまること。
自分では正しい仕事の方法と考えて、黙々とやっていても、実はそれは正しいやり方ではない。

効率性効果性

==============
効果性のない事を
効率的に行う事ほど
非効率なことは無い
==============

業務効率を追い求めても、それが、「効果」すなわち仕事として
「結果」がでなければ、身も蓋もにない

■ 効果性とは、
物事【ビジネス】における方向性・ビジョンの事を指す‼️

■ 効率性とは、
何をいつまでにやるのかやらないのか

以上の3つがトレーニングにおける3原理といわれるものです。
シンプルな3原理だと思うのですが原理とはそもそもシンプルな考え方ですから

では、そもそも、本来で言う「原理」とは、どういう意味なのか

■ 原理とは?
多くの物事を成り立たせる根本となる理屈・普遍的な法則
物事を成り立たせる(仕組み)

続く、、、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました