AI時代突入と共に企業価値の本質が変わり人材に求められる価値も変わってくる

こんにちは

経営者を人の悩みから解放する人材プロデューサー
保険ステーション中田勝です。

保険屋の範疇から脱却し、保険を通じ、人材問題という
経営者の「不」を解決するお手伝い

ブログスタートから369日目「毎日更新中」

以前にも、ヒトはなぜ❓モノを購入するのか
について、ブログを書きましたが、、、
なぜ❓この世の中は、、、人類は、はたまた文明は、
これだけ発展してきたのか

それは、全て 不 があったから
不を解消したいという想いがあったから
豊かになりたいから、、、

とりわけ整理すると、、、

3つのの解決、解消
* 不便
* 不安
* 不満

■ 不便を解消する事で豊かさを獲得してきた‼️人類

    遠方の人と話がしたい。
    → 電話📞の発明 【不便の解決】

■ モノを購入して不安、不満を解決する。

    ガソリン等の資源エネルギーの高騰
    → ハイブリッド、EV車の登場【不満の解決】

■ 農業生産者の担い手不足

    → AIによる無人農業ロボットの開発【不安の解決】

私達は又は人類は、、、
様々な問題に苛まされておりこれを改善することが大きな
経済活動、富の創出につながってきた

ビジネスが成り立つのは

①問題を発見する事が出来て、、、、
何らかの手段を講じて

②問題の解決・解消が出来る
これが、鉄板である。

先の例を考えてみると、、、

■ 遠方の人と話がしたい。
  これは 、①問題を発見

 → 電話📞の発明 
  これが、②問題の解決・解消

以上の様に考えられる

では、今日までに、各業界において
①問題を発見
②問題の解決・解消

①or②どちらに重きをおいて事業活動が
行われていたのか?

会社がかかえる問題を!
様々な手段を講じて問題解決していく

いわゆる

ソリューション型営業【問題解決型営業】というが、
私達、中小零細企業の存在意義って

多くは② 問題解決・解消の為にある!
って言われてもおかしくない

多くの中小零細企業は、
時間やコスト、商品や労働力、マンパワー
様々なモノを駆使して、クライアントの
問題解決・解消の為に汗💦をかいた対価として
高水準の労働報酬を得て来た

つまり、優秀な人材の定義は‼️
問題を解ける人・正解を出せる人

ところが、今後は上記の様な②の分野は
AIに取って変わられていく!というのが世の見解です。

AIは、様々な過去の事象や統計DATAさえあれば、
問題を解決・解消はお茶の子さいさい

ですよねー

そうすると、、、
今後、あらゆる分野でAI化が進むと、、、

① 問題を発見する
→ 問題が希少

② 問題の解決・解消
→ 解決・解消能力が過剰

という状況に、AI導入が進むとそういう世の中になる

つまり、今後の事業も人材の育成

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

① 問題を発見する

問題を見出して、クライアントに
提起出来る会社や人材が評価される‼️

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

ここを見据えたモノの考え方を意識した
事業活動や、人材の育成をしていく必要がある!

特に人材の育成において問題を見いだす
チカラの具体策は他ならぬ

傾聴力質問力

をもっともっと磨き上げる必要がある。

そして、①問題の発見の源泉である、、、そのものごとに対して

※ 興味・関心を持つチカラや
    探究心素直さ

人材の採用においても、※ の様な人材を面接の時にピックアップを
していければと、思うくらいである

最後に、、、
私はこう考える‼️

問題の発見において提起する場合に、
私はこう考える!的な持論を展開出来る人材の育成をしていきたい。

そう自分でも、弊社スタッフにも願うのであります

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました