小樽の綺麗な夕日。関東の自然災害から思う事。そして地震火災の情報提供です。

いつもブログをお読み頂き有難うございます。

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です!

ブログスタート352日目(毎日更新中)

これは、今日の小樽港の19時05分頃の写真です。
ウイングベイ小樽の海側からの写真です。
地元の方ならわかりますよね❓

いや〜しかし、私小樽に住んでいてこんな夕日が綺麗な絵って初めてかも

車で実家のある稲穂町方面を走行中で、す、凄いキレイって思いまして、、、
もっとベストショット‼️が撮れたのですが、、、、引き返せば
しかし車を途中で止めて、パシリといゃー‼️残念だ。
ホントに悔やまれる。
車引き返して、撮り直すべきだった
ホントに綺麗な夕日だったんですよ。
今日の気候条件も雲の具合もホントよかったんだろうなぁー

ところで、、今回の台風15号は北海道には、全く無縁でありましたが、

関東方面は、住宅の冠水や、風災も凄かったらしく、、、

昨日は、関東圏のJR、私鉄は計画運休を早々に発表していましたね。

最近は、自然災害が非常に多く、春夏秋冬問わず、特に都市部が自然災害に直面した際の
インフラ系の脆弱性が非常に気になります。

公共の交通機関で皆さん日時生活をしていますから
もし、それがストップしたら、色々な経済活動に支障を来す訳ですよ

北海道も、昨年は大きな地震があり、私の住む地区は、丸2日間停電を経験しました。
でも、地震が恐ろしいと言われる所以は何かというと、、、

■ 地震で恐ろしいのは津波ばかりではない

  火災も非常に恐ろしい

これは、弊社の地震保険に関する情報提供として
お客様にお伝えているスライドの一部ですが、、、

地震が原因での失火による火災はとても恐ろしいのです。

阪神大震災、皆さん記憶にありますか?
1995年1月17日 5時46分です。

image

泥棒は盗むものはほんの一部ですが
津波と火災はモノも思い出も全て家ごとぜーんぶ持って行かれます。

image

特にスライドにもある、「火災旋風」です。
これが、火災で一番恐ろしいと言われる現象
これは、都心部で地震後に火災があちらこちらで
発生すると言われている火柱のこと

シュミレーションという事で、スカイツリーの写真が載っていますが、
ここの墨田区近辺は昔ながらの木造家屋が未だかなりの数が残っており、
特に冬場の季節、火を扱っている時期に地震が来た場合を想定した時に、
火災が至る所で発生する確率が高い地域とされている

因みに「火災旋風」は阪神大震災の際でも、目撃されています。
火災旋風のメカニズムはスライドをご覧ください

image

因みに、上記スライドですが、1923年の関東大震災の死傷者の数。
な、なんと死傷者の9割が火災旋風による焼死で亡くなっているという事実を
みなさまはご存知でしたか

当時の文献では、火災の熱さから逃れようと川の水を求めて、
その付近でお亡くなりになられている方が多かったようです。

みなさまは「東日本大震災」に津波のイメージが地震には印象深く、
地震保険の話をすると、うちは海から離れているとか、、、、
ここは岩盤の上だから、建物はビクともしないから大丈夫とか
うちは新築で耐震性に優れているから大丈夫!
倒壊なんてしないから、、、、と、お話される方もいます。

万が一である災害は予想できないのは事実ですが、、、、
やはり地震保険においても正しい知識をお持ちください。

今日の最後です

・地震が原因の「倒壊」
・地震が原因の「津波」
・地震が原因の「火災」

これは、地震保険に加入していないと
火災保険に加入していたとしても、支払い対象外です。

ぜひ、地震保険に未加入の方は地震が原因の火災に備えて、
地震保険の加入をお勧めします

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました