「5W1H」と Why not〜「なぜできなかったのか?」

いつもブログをお読み頂き有難うございます。

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です!

ブログスタート333日目(毎日更新中)

今日で333日目かぁー
今日は綺麗にトリプルスリーです

あと32回ブログをすると目標とする、ブログを365日
毎日更新達成な訳です‼️

さて、今日のブログは?
5W1H
who・when・where・what・why・How
誰が・いつ・どこで・何を・なぜ・どうした

記事の取材を書く時の基本形と言われ
原稿を書く上で、必ずこの6つを書き込まなければならない

それだけでなくこの6つに関して記事を探っていくのが取材
つまり営業マンの日々の活動内容の報告の経過ヒアリングも
この5W1H
who・when・where・what・why・How
誰が・いつ・どこで・何を・なぜ・どうした
を中心にヒアリングするようにしている

明日は出張で不在になる為
事務所で報告が聞けないので
今日の2件の生保の商談予定があった営業スタッフに
折衝経過と見込み具合の経過具合をヒアリング。

「いけそうか?」or「難しいのか?」
電話であるが、経過報告を聞く
本日の2つの案件両方とも、テストクロージングをかけて
いけそうと言うことだったが、、、、
最初に商談した1件の案件に関しては完全にお客様の意思をもらいながら、
お客様からの告知事項の確認したい事がすぐに探して頂くことができず、、、
結局、時間内にお客様から聞けず、、、、
次のアポイントの時間も来てしまい、、、、「TIME UP」

今日決めて手続きが出来たものを、決める箏ができなかった
お客様がちゃんとすぐにその場で告知事項を用意していてくれれば
確認事項をすぐに答えてくれれば、、、、
スルって行ったのに、、、
と彼はそう思ったはずなのだが、、、

===============

Why not
なぜできなかったのか

===============

つまり、
なぜ?今日、決めれなかったのか?
を考える。

今日決まりませんでしたーーー
でも、APは次回とって来てあるので、
その時までに告知事項は調べて貰ってでは、駄目なのである

私は、彼に
「今日の2件の商談においての反省点は」と、聞いた。

すると、彼曰く
実は商談の中で事前に告知事項がある事を分かっていながら、
もう少し状況を予見してお客様の半歩先を歩いて商談の流れを
段取りすべきだったと、、、と反省

お客様がモタモタしていた事が問題ではなく
商談の流れのシュミレーション不足を問題点として
自分で理解して自分の言葉で私に回答していた

弊社では
成長とは…?の定義を
出来ないことが出来るようになること
としている。

今日の失敗を未来の成功に生かす為の
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Why not 〜?
なぜ?出来なかったか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

を、、もう一つ踏み込んで‼️
なぜ?
今日決めれなかったのか?をきちんと考える、

反省する事は非常に大事な事である

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました