自主性を重んじること。躾としてやらせなければいけない事。

いつもブログをお読み頂き
有難うございます。

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です!

ブログスタート318日目
(毎日更新中)

次女は現在、小学校5年生
昨年から、ピアノをやりたい!
と、自分から言ってきたので、
週1回、ピアノを習いに行っている

ところが、ピアノのレッスン日以外は
自宅での練習を全くしていない
それを、昨日、妻に怒られていた

そんな娘と妻のやりとりをみて、
次女を私の前に呼びつけて、
なんで、ピアノを習い始めたのか?

次女に問うてみた

そうすると、ピアノを習いに行きたかったから。
そして、習いに行きたいって言ったから、
お母さんが予約を入れてくるから、行っているんだ‼️
と、抜かし始めた

カッチーン

ピアノを月謝を払って習いに行っている理由は何か❓と次女に聞いた。

しばらく、黙り込んだが、、、

上手くなりたいから、、、、

と、言った。

そうだよな‼️
自分で、ピアノを上手くなりたい。
だから、習いに行きたいって言ったんだよ。
自分できめたことでも、子供の中でピアノを
母親が習いに行きなさい‼️的なことに、
自分の思考がすり替わっていたのだ

実は今、自分のやり方に少し疑問を持ち始めている。

長女は、やはり、5歳位の時に
【のだめカンタービレ】という映画をみて、
バイオリンをやりたい!と、言って、始めたのだが、
中学3年生で、バイオリンをやめてしまった

最終的には、自分で決める事だから、
辞める辞めないは自分で決断して欲しい。
その分別は中3では出来ると思ったから

と、思い、

最終的にやめたのだが、、、
とにかく、好きなようにやらせて、
子供の良い部分を引っ張り出す方がいいと思ってやっていた

子供の自主性を重んじる立ち位置で
当時はね、、、、😅
でも、果たして本当にそれで良かったのか?
と言うのも、おもう

話はガラッと変わるが
例えば、、、、、
世間一般で当たり前とされている、
きちんと挨拶をすること🙏
とか、目上の人に敬意を示す‼️

そういったことが、もしかしたら、
現在は少し薄れてきてるのかもしれない。
と言う感じがする。

最近の若い人たちの先輩に対する接し方は、
それとは少し違っているような気がする

怖い先輩には一応挨拶をするけれど、
それ以外は結構ルーズな印象がある。

フレンドリーではフレンドリー
礼儀がなっていないといえばなっていない。

とは言え、それについて、取り立てて何か言う事は無い。

挨拶は、誰かにしなさいって言われてするものじゃない、
というのが根底にあるからだ。

躾【しつけ】と言う感じには
音読みがないそうです。

日本で生まれた漢字なのだそうです。

私は知らなかったー

中国から来たものじゃないから
そもそも訓読みしかない。

裏を介せばそれは日本人にとって、
とても大事なものだと考えることができる。

だから、そのような漢字ができたのだろう。

そのしつけだが、身につけさせるには、
ある程度強制力が必要だと言う。

そこのことを
自分で考えられるようになるまでには、
強制力を持って意識付けさせなきゃ身に付かない。

それを習慣化させると言うことだ。

そう考えると
一定、長女に施した事と次女に施したことは、
しっかりと見極める必要がある(^^)

自分で決めた事。
自分から手を挙げてやり始めたこと。

それを、自主性と言う言葉で本人に決断させる。

必ずしもみな、自主性が備わっていて、
時には自分でやりたくないなぁー
って気分になる事もあるだろう。

その時に、踏ん張る言葉をかける
そもそも、こちらがやらせていたわけではないのに、、、
でも、自分で決めた事をやり抜かせる。
強制してでも、、、、

躾として、取るか否か、、、、、

やり抜かせる。
これも、親の役目。

長女と次女の習い事から
そう思い、感じてしまいました

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました