彼を知り己を知れば百戦危うからず。

いつもブログをご覧頂きまして
有難うございます 

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です。    

ブログスタート248目日目
(毎日コツコツ更新中)

彼を知り己を知れば百戦危うからず。
孫子の兵法
あまりにも有名なフレーズ
敵と味方の情勢を知り、その優劣、長短を把握していれば、何度戦っても敗れることはない。
敵のことも自分のことも熟知していれば、負けない。という意。

一昨日のブログに評価には2つの評価がある!と書いたのだが、
今日はその続きである人間とは、、、実に弱い動物😓
自分のことは、棚に上げて、自己愛に満ちて、、、、
自分はこんなに頑張っているのに、なぜ、認めてくれないんだぁー

自己評価
自己を正当化せずには、生きていけない
自分は正しい‼️でも、当然ながら自分には弱さを内に秘めている😓
わかってるんです、人は自分の弱さを😓

自分自身の本当の姿を見ることや
見せる事を、、、、情景反射的に、恐れているのか❓
それも、自己を正当化する一因。実は本当の自分自身より、ちょっとだけおまけして
評価が少し周りよりレベルは少し上‼️に自己評価しがち

反対に相手に対しては、ちょっと下にみて
上から目線で大変高いところから見下ろし、評価を下にみる。

そう下に見るというよりは、人のアラがすご〜く目につく
いわゆる批評家になりやすい
何故だか人間っていうのはヒトの短所、弱点、弱み、は見つけるのは、
凄いアンテナが立ち分析能力を発揮する

反面、自分や相手も含めてだか、長所、強み、を見いだす事が、できない。
いや、見つけづらいこの結果
自分は少し上、に自己評価【過大評価】しがち。
相手は少し下に、他者評価【過少評価】しがち。

結果、現実の力量差とは大きな開きが生じてしまう。
この開きを避けるために、自分とは、何ものか❓
自分を振り返る、見つめ直す、俯瞰する、己を丸裸にする。

鏡越しに自分自身と対峙する必要がある。
彼を知り己を知れば百戦危うからず。
彼を知る、相手の分析
己を知る、自分の分析
それぞれの長所、短所を知る。

これ‼️重要。
でも、それ以上にヒトは彼を過少評価してしまう。己を過大評価してしまう。
そういう傾向があるんだ!ということを書きたかったのです😓

そういった思考のクセ、ですかね

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました