連休中で食べ方のコントロールが狂ってきている。

いつもブログをご覧頂きまして
有難うございます

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です。

ブログスタート221日目
(毎日コツコツ更新中)

今日は5月2日10連休の6日目です。
最初は10連休もどうすんだ〜って思っていましたが、いやいや、あっという間に6日間も
消化してしましました

GW前のニュースでも、約7割の方が特にお出掛けする予定はない
という事で、多くの方々が自宅でのんびり過ごすご家庭が多いのかな
と、それはそうと、、、、

自宅にいると間食も増えるし、なんか無意識にちょこちょこと食べている気がします
昨年6月12日でダイエットを開始しまして約11ヶ月が経過しました。

最近では、少々、食生活管理が緩みがちになっていますが、そもそもダイエットというものは、、、8割食生活です

運動は2割くらいかな
大げさかもしれませんが、事実です
通常太ったから、マラソンを始めたりスポーツジムに通い始める方がいますが
残念ながら、それだけでは痩せませんいや、それだとちょっと語弊がありますが、ただ減量に対して短期的には結果が出にくいのです。

結果が出にくいと、痩せる行為自体
諦めてしましいがちです
やっぱり、それなりに結果を出して行きたいところではあります

食生活が崩れたら必ずリバウンドします。
崩れるという事は、食べ物に気を使わなくなります。そうすると際限なく食べてしまうのです
私も現在、継続中ですが、様々な病気の温床となる糖質の取りすぎ。

しかも現代日本人の食事は、特に糖質が多くなりがちです。
成人が1日に必要とする糖質は170グラムと言われています
茶碗いっぱいのご飯に含まれる糖質は50グラム程度ですから、ご飯を1日3杯食べれば、それだけでほぼ本来必要な糖質は摂取できてしまいます。

つまり1日3杯のご飯に加えて、デザートを食べれば、それだけで糖質過多になるのです。
加えて、今、スーパーで売っている加工食品や惣菜の原材料名を見ると、ほとんどすべての食品に糖質が含まれています。

特に和食系は、、砂糖・お酒・コメ・みりん等
糖質が多い食材、調味料が多いのであまり、糖質制限化中には??です例えば、煮魚とか、煮物等はNGです。 

日本人は特に甘じょっぱい味付けも大好きですよねー😍
テリヤキソースなんかも、糖質タップリ‼️ですから、、、😱
わかりやすく言えば、食べてみて「うーん甘いかな?」って物は大抵、、、糖質が多い
一品一品に含まれる糖質量は少しずつでも、それらは気づかないうちに
体を糖質過多の状態にしてしまいます。

そして糖質の取りすぎもまた、様々な体の不調を招きます。
 私も、最近ちょっと糖質に対して緩みがちですが、朝の目覚めや身体が
何となくダルいですね。

糖質制限中の時は、体調良かったです。
糖質には、中性脂肪に変わりやすいと言う特徴があり、肥満の原因となるだけでなく、肝臓に異常に脂肪が溜まる脂肪肝の原因ともなります。

脂肪肝は、放置しておくと、肝硬変や肝臓がんを引き起こすことおそれがあります。
しかし、糖質の取りすぎによる最大の問題は「糖質が、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖の濃度を急上昇させる点にあります。
血糖値が上がると、膵臓から(インスリン)と言うホルモンが分泌されます。

インスリンは全身の細胞にブドウ糖を送り込む作用により、血糖値を下げる
働きをしますが、血糖値が急上昇すると、インスリンが大量に分泌され
今度は血糖値が急激に下がると、、ジェットコースターのような血糖値の乱高下は、

【食後すぐ眠くなる・だるくなる】
イライラするなどの症状をもたらします😱
さらに、糖質の取りすぎによって血糖値が高い状態が続くと、

①細胞が徐々にインスリンを受け付けなくなる。
②膵臓が頑張って、もっとインスリンを分泌しようとする。
③膵臓が疲弊する。といったことが起こるようになり、膵臓でのインスリン分泌量が低下する2型糖尿病の発症に繋がります。

炭水化物(糖質)はタンパク質・脂肪の3大栄養素の一角であり、一定必要な栄養素取ってはいけません!ではなく、気をつけないと糖質過多になっていますので、気をつけなければならない食べ物だから、世の中「炭水化物だらけ」なんで、コントロールしなければ絶対食べ過ぎてしまうんです

今日のところはここまでとします

コメント

タイトルとURLをコピーしました