令和元年、最初のブログは皇位継承問題について。

いつもブログをご覧頂きまして
有難うございます

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です。

ブログスタート220日目
(毎日コツコツ更新中)

2019年 5月1日(水)
今日から「令和」元年
昨日の「平成」最後の日から
今日は「令和」最初の日です

今日と昨日の二日間は普段はあまり「皇室」の事について、
ほとんど関心が無かったのですが、今回の改元がきっかけで新聞やTV報道で色々と
「学び」を得る事が出来ました。

特に今日のニュースで多く報道されていたのが、「皇位継承」の問題でした
改めて、この問題は非常に深ーいなぁーと実感

現在の男系の成人皇族の高齢化ならびに皇位継承資格者減少について、菅官房長官も
「先延ばし出来ない問題」として、今日も報道されていました。

改めて、皇位継承順位を新聞の記事で読んでみても、、、
現在の天皇陛下に万一があった場合の現在の皇位継承順位

第一位は「秋篠宮さま【52歳】(現天皇陛下の弟)」
第二位は「悠仁さま【12歳】(秋篠宮さまのご長男)」
第三位は「常陸宮さま【83歳】(今上上皇の弟)」

天皇陛下の御長女「愛子さま」は現行法の「皇室典範」からは
皇位継承資格者は(現行)男系男子に限るとなっている為に、
「愛子さま」は「男系女子」の為、皇位継承資格者にはならない。

ちなみに「男系」とは、、、父方が「天皇陛下」であること
天皇陛下sは現在59歳。仮に平成と同じ位の在位期間を30年
お務めされると89歳。
秋篠宮さまは53歳から30年=83歳
現在の天皇陛下の後を秋篠宮さまが仮に83歳で体力的にどうか?

というと、、、、年齢的に難しい

そうすると、秋篠宮さま(53歳)で

ご長男の悠仁さま(12歳)ですから

現実的に考えると、、、、

将来の天皇陛下の第一候補

となる。

仮に今後の議論で

「愛子さま」を天皇として認める

「父方が天皇陛下」にあたる「男系女子」

まで皇位継承資格者を広げた場合、

愛子さまがご結婚されて、2人の間にお世継ぎ

が生まれても、愛子さま自身が女系となる為

その子供はお世継ぎの子として皇位継承資格者

にはなれない

そうすると、どの道、男系の皇位継承資格

の皇族であられる悠仁さまのお相手の

お妃さまが男子を出生することは必須!

もし、悠仁さまとのお相手の方に女子しか

生まれなければ、その時点で男系男子は途絶えて

しまいます

なので、これは、悠仁さまのお相手になる

方も周りからの相当のプレッシャーに

なることでしょう

つまりは、現行の皇室典範から行くと

悠仁さまにとっては、いばらの道

つまり、、、

母方が天皇家の血筋を引く

「女系女子」まで

広げていかないと安定的な

継承は難しい

皇室制度を今後も継続していく場合は

女系天皇を検討する為に「皇室典範」

の変更も必要だと思います

一方、安倍首相は

「男系の継承」が古来から例外なく維持

されてきた事の重みを理解しながら慎重かつ

丁寧に検討を行っていく

としている。

皇位継承資格は

「男系男子」に限る!

としてきたその理由は

天皇・皇族の正当性の根拠となってきた。

男系承継を崩すと血統上、一般国民と同じになる。

というのがその理由

でも、お世継ぎ問題って、昔は

【正室】と【側室】があり、

女子は、、、

子を授かる為にある

的な‼️今の世の中からしてみたら、

人権問題になるような、古い体質な

考え方だと、私は思う。

【側室】を認める‼️というなら話は

別だが、今の世の中では、ダメ🙅‍♂️だから

やっぱり、皇位継承資格者は、今後

益々少なくなる。

色々と諸説あるから、これから議論される

わけだから、私も注視して、この問題を

一国民として感心を持ちたい!

うーん、しかし、

なかなか難しい問題だなぁー

でも、この問題は今回の事で「学び」として

自分なりに消化出来たので、

自分なりの考え方は持てました

今の私の段階での持論は「女系女子」

もありかな

理由は

現在の天皇陛下は日本国にとっての

「象徴」である事。

歴史上、天皇陛下は時代に

よって様々な「役割」があった。

天皇陛下が政治に直接関与する時代も

あったし、

明治・大正・昭和時代の戦前までは、

国民は陛下の臣民であり、「陸・海・空」軍

の全ての統治権を持った「大元帥」であった

時代もあり、

平成、そしてこれから令和は平和の時代。

日本にとって戦争のない時代

天皇陛下に求められる役割も時代の変遷とともに

違うと思う。

だから、今上天皇が30年間模索されてきた

「日本国の象徴天皇としてのあり方をどのように

考えれば良いか?」とおっしゃられていた。

自分が亡くなるまで、天皇陛下として在位し続け

るのではなく、生前退位をする決断、

一代限りのみだが「退位」するという方法をとり、

皇室典範を変えた。

だから、時代に合わせて血統にこだわらなくても

皇室典範も変化させても良いものだと

私は思いました

皆さんはこの「皇位継承問題」はどのように

お考えですか?

今日のところはここまでとします

コメント

タイトルとURLをコピーしました