平成最後のブログ!!

いつもブログをご覧頂き
ありがとうございます

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です。

ブログスタート219日目(毎日絶賛更新中)

今日は平成最後の日
平成31年4月30日(水)

地元地方紙「北海道新聞 朝刊第一面」

記念として、朝刊の新聞の写真をパチリと撮っておきました
また今日は朝から平成最後、平成最後と連呼
令和まであと◯◯時間◯◯分といった感じでTV放送されている
という事で、今日は平成最後の日なので、それにまつわる事をネットで「ネタ探し」をしていました

皇位継承問題は?

明日、令和元年に即位される天皇陛下の次の改元の時の話になるが、、、、
果たして「愛子内親王」が女性天皇として即位されるのか?

はたまた、秋篠宮さまのご長男「悠仁親王」が即位されるのか?
次の世代へ持ち越しになりそうだ
さて、平成31年(2019年)現在の天皇に対して、
「平成天皇」という称号を用いる事例が時折、散見される事があるが、、、、

実は明治天皇・大正天皇・昭和天皇の3代の「○○(元号)天皇」という呼称は、
その天皇の崩御後に贈られた追号であり、現在の天皇に対する呼称としては誤りである。

追号が元号と同一であるのは先の3代の天皇のみの事情であり、現在の「今上天皇」の崩御後に「平成天皇」という追号が贈られると確定しているわけではないのだそうだ
これは「元号法」の制定の議論時の大平正芳首相(当時)の国会答弁によれば、

追号とは新しい天皇があくまで皇室内の儀式として先帝に贈るものであり、法によって制定された元号に縛られずに新天皇の裁量で決めることができるという。

つまり、次の天皇が今上天皇(上皇)が崩御された後に裁量で決める事になるので、今現在では、わからない!という事になる

また、平成最後という事で今上天皇について、お人柄が各局で報道されておりました美智子皇后に対して陛下は感謝の意を述べられており、陛下は、論語の「忠恕」に感謝の意を述べられていました。

忠 とは「自己の良心に忠実なこと」つまり「まごころ」です。
そして、恕 とは「他人の身になってみて考える知的な同情」
つまり「思いやり」です。
そこで、「忠恕」(ちゅうじょう)とは「まごころと思いやり」ということになります。

常に日本国、世界の平和を祈り象徴天皇としてのご自身の立ち位置を常に模索されていた今上天皇今日は、「平成」から「令和」に改元されてから就寝します

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました