「人の器」は果たしてどんどん大きくできるモノなのか?

いつもブログをご覧頂き
ありがとうございます

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です。

ブログスタート204日目(毎日絶賛更新中)

今日のブログです
「器」についてです

「人の器」
・あの人は器の大きい人だ
・あの人は大器だ
・大器晩成
大きな器は早く完成しない
大人物になる人間は普通より遅く
大成するするという意

とにかく、人の器って年齢や経験を積む事で
人が持つ器量が大きくなっていくと言う意であるが、、、では、果たして、本当にどんどんと大きくなっていくのか?
確かに大きくなっていく人もいるでしょう
そういう吸収力とか素直さ、向上心、観察力、洞察力みたいなモノを持っている方は、ジリジリと経験値を積めば、器は必然的に大きくなる
溜め込む量も増える

でも、別な解釈で考え方を変えると
==============
器を大きくするのではなく、今ある器の中身を捨てる!
==============

中身を捨てて空にすると、、、、
・新しい価値観
・新たな考え方
・部下からの直言等を吸収する事が出来る。

凡人は器を大きくすることはなかなか出来ない
だったら、今まで持っていた
固定概念や思考、情報を一旦捨ててしまう
そうすると、なぜかしら、新しいものが自然と入ってくる。

器がパンパンだと、新しいものが入っていく余地がない
捨てる神あれば拾う神あり

ではないですが、不思議と何かしがらみ見たいのを吹っ切ったときに新たなそういったものが、入ってきた感覚って皆さんにありませんか?
「去る者追わず」の精神で物事を取り組んでいると、また新しい新規のお客さんがポーンと入ってきたりした経験って皆さんにはありませんかね
国の働き方改革も、時間を短くして、残業しないで早く帰りなさいというのは、本質ではないですよね
いかに就業時間内に効率的に仕事を納めていくか?仕事見直し改革なんです。そうすると、今までの就労時間のあり方では仕事が収まらないので、
・新しい仕事
・残す仕事
・止める仕事
・やり方を改善する仕事
等、棚卸しが必要になってきますよね?
そうすると、器の話になってくるわけです。

人の器はそうそうに大きくなる訳ではありません
ですから、器の中身を一旦からにして、リセットにしてみて、もう一度片付けをしてみてください。
意外と、前のやり方に固執していて、自分で気づかない点が多々出てくることでしょう

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました