「忖度」と「斟酌」の違い

いつもブログをお読み頂き
有難うございます

社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です。

ブログスタート193日目
(毎日更新中)

塚田一郎 国土交通副大臣(55)一連の責任をとって辞意を表明
道路整備を巡って「安倍晋三首相や麻生太郎副総理が言えないので、私が忖度した」と発言した問題

安倍政権になって森友・加計学園問題を連想させる「忖度」という言葉を使ったこと
何度、この「忖度」という言葉が出てきたか
塚田一郎 国土交通副大臣の発言のやり取りの一部…

===============
「副大臣、これ何とかしてもらいたい」動かしてくれということであります。
吉田幹事長が私の顔をみて「塚田分かってるな!」
これは総理の地元と副総理の地元事業なんだよ」と。
「俺が何で来たと思うか」と言うんですね。

私すごく物分かりがいいんです。すぐ忖度します。
分かりましたと。総理とか副総理がそんなこと言えません。
(中略)でも私は忖度します。 それで、これを今回の新年度予算に
国で直轄の調査計画に引き上げました。 結果、、、、

衆院内閣委員会で自身の「忖度」発言について撤回、謝罪し頭を下げる

===============

さて「忖度」という言葉、簡単に分かりやすく説明すると、「相手の求めているニーズは何か?」人の意図や感情をきちんと察したり、予測したりする事を意味します
自分の意見はお互いにズバズバ言い合う
欧米文化とは異なり、相手の心中を察したり、
思いやったりする文化の根強い日本ならではの言葉の意味なんです
「忖度」という言葉が、流行語大賞に輝いたのは2017年度だった
その主な理由は、2017年に起きた森友学園問題においてこの「忖度」という言葉が使用されたのが
きっかけでした

 忖度の本来の意味
相手の身中を察したり、思いやったりする言葉ですが、この事件以降は、権威や力のある相手へおべっかを使ったり、ひいきしたり、、、、、
ネガティブな意味合いで用いられる機会が増えました。

忖度とよく似た意味で「斟酌(しんしゃく)」という言葉がある
人の気持ちを推し量る「忖度」に対し斟酌は相手の心情を汲み取るだけでなく、それを踏まえた上で言動を控えたり、遠慮したり、実際に行動にまで移す

=======================
忖度:相手の心情を理解し、
 自分が相手へ配慮する「気持ちだけ」
斟酌:相手の心情を理解し、相手への言動
 を控えたり、加減したりする「気持ちと行動」
=======================

といった違いとなります。
混合しやすいですが、正しい言葉遣いをマスターするためにも、
しっかりと両者の違いも把握する

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました