あくまでも、秤(はかり)は自分の中にある。

いつもブログをお読み頂いて

有難うございます。

社長のお悩み相談所 

所長 中田 勝です

ブログスタート183日目

(毎日更新中)

イチローが先日の東京ドームの引退記者会見

の時に語っていた会見全文の掲載があったので、

改めてじっくりと読んでみました

掲載記事を読み進めていくうちに、

ふと目にとまった、、、

人が成長する上でのヒント

イチローが大事にしてきた一流の考え方。

人がどの様にして、成長していくのか

イチロー流の考え方

=====================

あくまでも、

秤(はかり)は自分の中にある。

=====================

会見内容を一部抜粋、原文のまま引用。

============================

――生き様でファンに伝わったと思うこと。

生き様というのは、、、、

僕にはよくわからないんですけど。

まあ、生き方というふうに考えれば、

人より頑張ることなんてとても

できないんですよね。

あくまでも、

秤(はかり)は自分の中にある。

自分なりに秤を使いながら

自分の限界を見ながら

ちょっと越えるというのを繰り返していく。

そうするといつの日かこんな自分に

なっていくんだっていう状態になって。

だから少しずつの積み重ねでしか

自分を超えていけないと思うんですね。

一気に高みにいこうとすると、

今の自分の状態とギャップがありすぎて、

それは続けられないと僕は考えている。

地道に進むしかない。

進むだけではなくて後退もしながら、

ある時には後退しかしない時期もある

と思うので、

でも自分がやると決めたことを

信じてやっていく。

でもそれは正解とは限らないんですよね。

間違ったことを続けてしまっていること

もあると思う。

でもそうやって遠回りすることでしか

本当の自分に出会えない、

そんな気がしているので。

===================

イチロー選手がいかに

他人と比べず、

自分の仕事に集中していた

私も、保険営業の募集人の1人として

単年度はもとより、長年にわたって

実績を残し続ける過程の中で、

営業スキルや営業販売実績などを

同業代理店と当然ながら比べられる

これは競争社会であれば、必然であると

思います

でも、イチロー選手は

自分の仕事に集中している。

自分との戦い

人はそれをストイック

っていうのだけれど、、、

なんか、イチローがいうと

あァーそうなんだーと思えてきた

ふと冷静に考えてみると、

当たり前の事を言ってる様に思えるが、

イチローに言われると、、、

その通りです

日々の生活の中やトレーニングの中で

「野球」というものに全てを捧げてきた

ひた向きな姿勢。

秤を自分の中で持ちながら、

今日の自分は、昨日の自分よりちょっと

頑張れたかな?ちょっとは進歩したかな?

その積み重ねが大事だと

そういう感覚を持って、日々野球に取り組んで

きたんだなと

プロ野球選手という世界は

常に週間、月間、年間成績、契約期間など、

営業マン以上に実績をシビアに査定される

職業だけに、その言葉の説得力

は十分すぎるほどあるなと

私も自分の中に

「成長の定義」というのをいつも

 持っている

成長とは…

============

できないことが

できる様になること

============

だから、、、

自分がどこが?できていない所なのか自分自身

の事を把握しなければならない。

なぜなら、これはできている

と錯覚してしまっていると、、、、

出来なていない事に

気付けない

そうすると、

出来ていないのに、スルーしてしまう。

結果

成長の機会を逸してしまう。

成長とは…

================

できないことが

できる様になること

================

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました