人材を1人でも多く採用したい!経営者の方は「カラーバス効果」を意識しよう!

いつもブログをご覧頂き

ありがとうございます。

社長のお悩み相談所 

所長 中田 勝です

ブログスタート174日目

(毎日更新中)

今日のブログは「人材採用とカラーバス効果」

についてのブログです

【カラーバス効果】

意識した事柄についての情報、モノが

次々と自分に集まってくるという法則。

例えば、

車を買い換えようとカタログで

色々と調べて、、、

「この車種、このグレード、

この色の車」が欲しい

と決めてかかると

意識してみると街中で自分の欲しい

車種が「あっ欲しい車種だ」

目に飛び込んでくる

意識すると自分の車種、グレード、色までも

欲しい色がたくさん見つかる、目に付く

現象のこと

人は何に対して意識を向けているか

集まる情報が決まります。

アンテナが高い人

特定の物事に注目することで、

脳の認知する感度が高まるからです。

このとき、その情報が自分のもとに

無意識に集まってくるような感覚を

受けます。

心理学で

「カラーバス効果」

 といいます。

カラーとは、色(Color)のこと。

バスは、「浴びる」(Bath)

「色を浴びる」という意味です

突然、町中の走っている車を見て

「最近、どーもこの車種のこの色を見かけるなー」

結構、購入している人が増えているのかなぁー

もちろん、そのようなことはありません

自分自身が「意識」を向けたことで、

今まで気にしていなかったことが

クローズアップされただけ

このカラーバス効果を使うことで、

例えば、

中小零細企業の人材採用について

会社の人材採用においてもアプローチの成果を

高めることができます。

経営者がどんな人材が欲しいか?

とにかく、若い人が欲しい

経理の出来る即戦力になる人材が

欲しいんだ

では、なくて、、もっと具体的に

イメージ

性別、年齢、要経験者なのか否か?

資格取得数は?

会社では将来的に、、

どんな役割をになって欲しいか?

ここで、人材採用について、

「組織図」が持つ重要性についてですが、、、

会社には「組織図」があると思います。

組織図を改めてよーく見てください。

今度、欲しい人材は組織図のどのセクション

に不足があるのでしょうか?

または、新規事業や新規取組みの「人材募集」

なのでしょうか?

その採用した人材を将来的にどうしたいと

考えているのでしょうか?

こんなことも、

「組織図」から色々なイメージや発想がなされ、

まさに「カラーバス効果」を利用して

経営者の方が欲しい人材や将来成りたい組織を

具体的にイメージしてみては

組織図はまさに会社のマクロ的な

社内の「設計図」です

現状もそうですが、未来の設計図にも成ります。

中小零細企業「一人何役」もやる事が非常に

多いですよね。

特に社長は

代表取締役 兼 営業本部長 兼 

人事部長 兼 経理部長、、、

こんな方も多いのでは、、、

欲しいと思う人材をより具体的に

イメージすると、自然とアンテナが立ち

自分の兼務している職種を将来任せなければ、、

ということも気づきます。

組織図を見ていると、将来こういう組織に

していきたいだから、具体的にはこういう

人材が欲しいよなー

ってイメージできますよね

具体的に「そういう人が欲しい!」

と思っているから情報が集まって

くるのではないでしょうか?

念ずる、想う、欲しい、会いたい、、、

なんでもいいのですが、

人材を探している「経営者」の方は

漠然と「人を探してるんだよねー」

ではなく

具体的に「欲しい人材」を

イメージする事が大事だ

具体的に

我社が「欲しい人材」とは

意識をあてるようにします。

そうすると、カラーバス効果により、見えなかった

面接者の情報や人と成りが見えてくるようになります。

情報に厚みがでる事により

さらに深く面接者のことを知ること

ができ、質問ができます。

面接をする上で、履歴書しか見ていない

話も殆どしていない。

でも

なぜ望んでいることがわかったのだろう

この経営者は仕事ができる人に違いない

と面接者は思うはずです。

普段から考えるクセを

つけることの大切さ

を教えてくれる法則。

今日のブログでした

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました