筋トレから学ぶ、自分を意識的して「追込む」ことの難しさ。

いつもブログをご覧頂き
ありがとうございます。

社長のお悩み相談所 
所長 中田 勝です

ブログスタート173日目
(毎日更新中)

今日は、朝イチ9時から10時まで筋トレの日👍
いつものようにトレーニングをしながら、トレーニングの内容、自己管理についてコーチとモチベーションの話になった😅

昨年の6月から自分自身のたるんだ食生活を見直すべく「オヤジ肉体改造計画」と称して、食生活改善と筋トレを始めて9ヶ月超経過した現在も、月6回ほどだが、パーソナルトレーナーをつけて筋トレを継続している。時間は約50分

本当に今、思えば私、歩いたり、走ったりと有酸素運動系の方が好きで、あまり無酸素運動系の「筋トレ」ってあまり好きではなかった。
理由は、やはり続かない事、やっていて筋肉がついているのか?効果的なのか?
いまいち、成長具合が??ピンっと来ていないところ
やっていて、成果がイマイチ見えないと続かないのは、仕事もトレーニングもダイエットも一緒だなぁ
でも、筋トレって、始めると非常に奥が深い。特にベンチプレスはやっていて面白い
細身の人でも100キロあげちゃう人もいれば結構、がっちりした体格の人も100キロ挙がらない人もいる。

ベンチプレスは、それなりの技術もさる事ながら、挙がるイメージをチェックしながら頭で考えて整理してスタートしないと、2回目、3回目と挙がらない。
次第に自分の限界重量が近ずくにつれてホントに挙がらくなるのです

思い起こせば、筋トレをスタートして、初回と2回目の時に、下半身と上半身のウエイトメニューを60分かけてトレーニングを消化した訳だが、、、、、

翌朝の身体全身を覆う筋肉痛の痛さといったら、半端なかった
もう、生まれて初めてですね!
あの、筋肉痛レベルは‼️‼️一生、わすれません😱😱😱
それから約5日間は筋肉痛でうつ伏せ・仰向け横寝全ての体位をしてもどこもかしこもイタイ

結局、1週間は痛みが取れませんでした😅
ほんと、交通事故で鞭打ち経験はありません
でも、それを彷彿させるくらい身体がキツかった
そんな話をしながら黙々とウエイトトレーニングをこなしていた😤

筋肉に1番効果あるトレーニングゾーンは追込み‼️限界と言われるところからの後1、2回の回数を上乗せする事
あっ、もうちょ、ちょ、ちょーーつとキツイかも、もうダメかも、、、😫
この、7・8回目が一番キツイんですよ。ウエイトトレーニングしている時は、、、1人でトレーニングしていたら間違いなく、ここまで追い込めないハズ
でも、フツーにこのゾーンに入ってくるとヤ、ヤバイかも、ちょ、ちょーっときっーいいんですけど、あ、あっダメかも〜ってこうなるんですが、こういうネガティブワードはNG❌このゾーンに入った時のここでの類義語はチャーーンス‼️チャンス、チャンス、チャンスーーーーチャーンスぅカモンあと、ラスト2
えーーーっマジかよーって気が遠のきながら最後、、頭の中真っ白で1セット終了するワケですわでも、このチャーンスって言葉、私は好きなんです。いい言葉だよね。
だって、この追い込んでいる状態が一番筋肉に効いており、筋肉が育つ環境なワケだから、、、、まさに、、チャーンスなワケですよね。ピンチはチャーーンス
物事の本質は変わらなものだと「筋トレ」から学びも有ります。

ホントに、今、自分は「筋トレ」にはまっていますね。
筋トレの醍醐味はズバリ、、限界からのプラス追込みにあるのだと思います。
「追込むことの訓練。」様々な事象で粘りを生む。これは、筋トレを「人生」や「仕事」に置き換えて…自分の限界を超えたところに何かがあると、、どんなことが書いてあるかですが

本の一部ですが、、

・つらい、苦しいとメンタルがいきそうな時は 筋肉を殺そう。
・筋トレによってメンタルへルスは向上する。
・悩みや心配が出てきたら、筋トレで「返り討ち」にする。
・自尊心と筋肉は兄弟のようなもの。
・他人の批判に耳を傾けてはいけないワケ。
・生涯絶対にあなたを裏切らない2人

等など、、、、、と、この著書では、本のイメージからは想像できないマトモな事が書いて有ります
この本のシリーズ、実は数冊出ていますが、結構、面白い内容になっていまして
なーるほどというくだりも有り楽しく読めましたー
筋トレ「奥が深い」です

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました