思考と感情

いつもブログをご覧いただき

ありがとうございます

社長のお悩み相談所 

所長 中田 勝

ブログスタート145日目

(毎日更新中)

「人生最大の敵、それは「鈍感」である!

             野村克也(プロ野球元監督)

人間は「思考と感情」という二大要素を

持っており、感じる力を持っている人は

絶対に伸びる!

センス(感性)は磨けるもの

===================

センス= 

興味・関心を持つ力❎共感力

===================

一流は修正能力に優れ、同じミスを

繰り返さない。

野村元監督は自分のことを

「野球博士」と呼ぶくらい

野球を奥深く探求する

球界でも指折りの人物

私も野村克也さんの著書はかれこれ

14冊読まさせて頂いているが、

私は野村さんの考え方や思想にすごく

影響を受けている。共感もできる

野球選手としての気づきや、一流選手の

目線や、監督としての心構え、目線、考え方

等、あらゆる角度から解説をしているのだが、、、

日常生活での人間関係、会社、組織論など

野球界という限定的範囲であるが、、、、

ブリッジをしていくと、

色々な気づきが浮かんでくる

例えば、、

なんか最近お客様の考え方が変わって

きたな?とか変化に気づく人は強い。

逆に感じない人は感性が欠如し

ているから伸びない。

なぜ、鈍感になるか?

こうなりたい!という

将来の夢・目標が無くただ漠然と

生きているからだと思う。

夢さえあれば自然に目標ができる。

足元を見ることは転ばないため

大事なことだが、足元を気にしすぎて

前を遠くを見て進む勇気、

将来こうありたい

ビジョンが

ないとどうしても鈍感になってしまう。

確かに、「目標・ビジョン」があった方

がアンテナは高く立つもの

興味・関心を持つこと

年齢に問わず、、、、

========================

■ Teach(教わる)では無く

■ Learn(学ぶ)姿勢でありたい

========================

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました