社長の権限とは? 社長の役割と社員の役割の違いを知る。

いつもブログをご覧いただき

ありがとうございます

社長のお悩み相談所 

所長 中田 勝

ブログスタート141日目

(毎日更新中)

先週、出張に行ってました

研修も兼ねて、ある方にお会いして

色々とお話をする機会がありました

そこで、色々と気づきがありました

社長と社員との差は

・役割

  社長の役割と社員の役割の違いを知る。

・権限

  社長の権限とは?

・経験

  社長の経験は社長しか持ち得ないことを理解する。

これが全てだと

シンプルに考えると、確かにそうだが

言われないと気づかない

社長の考え方 や モノの見方

業種違えど、組織化が成功している社長 

共通して持っている「モノの考え方」というのは、、
 


自分が先頭を切ってTOPプレーヤー職人

気質の強い社長の視点

・売上げ
・顧客満足
・人材育成
 

 

組織化が進んでいて、自分が先頭切って

稼ぐのではなく「組織力」で増収している

社長の視点

・売上げを上げる仕組み
・顧客満足を社員が提供する仕組み
・人が育つ仕組み
 
 

どちらの考え方が

しいとか正しくないとか

そういうことではなく、、

社長がどのようなビジョンを持って組織

を作っていきたいのか?

社長の

ビジョン、考え方の問題

社長としての仕事を認識する

それに対して、社員の仕事の認識する

■ 社長の仕事は

「売上げを上げる仕組みをつくること」
 

■ 社員の仕事は

「売上げを上げるための行動をしっかり

   行うこと」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■ 社長は

「顧客を満足させるために、社員が一生懸命

 に取組める仕組みをつくること」


◯ 社員は

「目の前の顧客を満足させるために一生懸命がんばること」 
 

■ 社長は

「採用した人材が順当に育つ仕組みをつくること」
 

◯ 社員は

「後輩社員に熱意を持って向かうこと」
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この視点の差が、長期的に見た時に、

大きな差となって現れます。

正確に表現すると、この視点無しには

組織の大型化を難しい。

===================

組織論の原則

組織はリーダーの力量以上

には伸びない

by 野村克哉(プロ野球元監督)

===================

はっ

日々是勉強です、、、、

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました