自分で使える時間を何に使うか?を決めるのは自分だ。

ブログスタート83日目
(毎日更新中)

今日は先月11月中旬に、
弊社保険ステーションに来店してくれました

オタル若者ビレッジ
https://otaruwakavillage.jimdo.com/
代表の方がご挨拶方々、来店してくれました。
なぜ、代表の方を呼んでこのようなお話合いする経緯となったのか?

実はこの「若者ビレッジ」の団体が毎月の定例ミーティングをする場所の確保に苦労している。
毎月、色々とミーティングをする場所を確保しながら、打ち合わせをしている様子を伺い、そして若者が集うコミニティーの場所を提供してほしい。という想いを聞きました!
それであれば?平日の業務時間外での使用ということで限定しますけど、、、

弊社の会議室を「無償」でお貸ししますよ!と
「高校生、大学生、社会人、主婦など、小樽のU-29が気軽に集い、楽しむ場どういう団体に成長発展させて行きたいのか?
その内容によって、場所を提供できるか?出来ないか?検証してみたいと手づくりをして若者の小樽ライフをおもしろくしたいという想いで、U-29の若者を対象にイベントの開催やくらしを楽しくするアイディアの発掘をおこなう若者の為のローカルコミュニティの活動運営をしている団体です。

私も色々と「オタル若者ビレッジ」がどんな団体なのか?
代表の方から活動計画や意義や想い等のお話を聞かせて頂きました
どんな、活動をしているのかなと小樽のまちづくりやボランティアといった決まった活動をするのではなく、、、
「自分たちがどうしたら小樽でもっと楽しくより良くくらせるか」を第一に考え、
・ある時は思いっきり遊び、
・ある時はアイディアを生み出し、
・ある時はまちについて話したりする。
「オタル若者ビレッジ」ではこういった活動のことを『くらしを耕す』と呼んでいるようでオタル若者ビレッジは
================
小樽に住むU-29の学生と社会人が運営メンバーとなって、若者の輪を広げながら彩りと充実感のある日常を実現する活動を展開しています。
==================

将来、この街で企業したいが、具体的にこうしたことが出来るか不安という人も大歓迎のようです
自分で使える時間を何に使うかを決めるのは自分だ。
1日24時間と言うのは誰にでも平等に与えられた時間である。
しかし、この24時間を自分自身で使える時間はわずか数時間だけ
その時間を何に使うかは自分自身で決めることでそれこそ人生を左右する。

こういった、若い世代の方とパイプを持つ事は通常中々叶わないこと。
これがご縁で何かが開けていくかもしれない‼️
そんなご縁も感じつつ、若い世代の方々の活動の一助になればと🤗

今日はここまでとします

コメント

タイトルとURLをコピーしました