広島カープからFA宣言!ジャイアンツ「丸」が誕生!

小樽の保険翻訳家
社長のお悩み相談所
所長 中田 勝です

ブログスタート67日目(毎日更新中)
今日は久しぶりにプロ野球ネタです

11月16日 【ブログ 52日目】の記事にもFA「丸選手」の話題をブログしました
いやーっ!丸がジャイアンツに決定
ちなみに私は広島ファンでもなく丸のファンでもありません
地元「北海道日本ハムファイターズ」のファンです
なぜ?ブログネタとして書いているのかと言いますと…

広島も日本ハムも地元に土着した球団で、おらが街の球団的なところに強く「共感」しているのであります
だからこのニュースは凄く気になっていました
それにしてもプロ野球で2年連続MVPの選手が同一リーグへ移籍と言うのは、球界史上初のまさに異例の事態更には開幕カードで直接対戦となると、非情なブーイングや、温かい拍手など入り乱れる混乱が予想される

FA宣言した瞬間から大本命球団ジャイアンツの名前があって流出の可能性は極めて高い確率だったが、、、、ここまで長引いて、ひょっとすると広島残留の可能性もあるのかと思いました
同じ地方球団を応援するチームとしては残念と言うか何と言うか
言葉にするのが難しい気持ちでいっぱいです
そして、丸選手も恐らく残留するか?
移籍かの決断で悩み抜いて長引いたと言うよりは。
ゴールデングラブ賞の受賞式で、ほぼ公式のスケジュールも終了する事を待っての移籍決断の発表をする

公式行事の最後までは「広島カープ・丸」として、彼なりに律儀に流儀を通したのだと察します
それにしても年俸にしても、契約年数においても広島の提示の2倍ともなればプロなら条件のいい球団へ移籍するのは悪い事でなく、当然の事だと思います。

それを相場よりも低い年俸と短い契約年数と、球団愛だけで引き留めようとするのは限界があるでしょう。
球団としても、いくらここ数年の広島ブームが続いたとしても、「球団経営」としての視点だと一時の感情論で残留交渉において他球団とのマネーゲームを展開することを避けたのはこれはこれで、仕方ない事だとも思います。
丸の残留の去就その為に球団経営が立ち行かなくなるのは避けなければならない
一人の選手の年俸の高騰する事で、他の選手との年俸バランスが著しく欠いてしまっては選手のモチベーションの低下を招き、丸のことも、球団のことも考えれば、お互いにとって苦渋の決断だったのだと信じたい
「お金がすべてではない」と綺麗ごとを言うつもりはない。

資本主義でいけば
まともな正論でもある。

資本主義であれば、価値があるもの、どうしても欲しい物にお金を出すのは当然の摂理である。
ーーーーーーーーーーーーーー

広島が「4年17億円」
出身地千葉のロッテ

「6年30億プラス監督手形?」
ジャイアンツの「5年35億円!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

やはり球界No1の資金力を前にして
敵ではなかった、ということか 
だから下らない感情論は挟まずに丸は堂々と胸を張って巨人へ行けばいい
球団もここまでの選手を育て上げたことに誇りを持って送り出せばいいさ
我が北海道日本ハムファイターズもそうだ!
小笠原・ダルビッシュ・大谷・糸井、、、、

それ以外にも、結構ハムの場合は主力が球団から流出しているが、
それでも、次々に新たな有望な選手がどんどん育ってきている。
広島にも何か同じ感覚のようなモノが私は感じられる

頑張れ!広島東洋CARP「ジャイアンツが総取りしすぎ」
「やっぱりカネか」という声も聞こえる。
でも、私は今回の丸の選択は球界全体のそして次に続くFAの将来のためにはとても良い選択をしたと思う。 

今日のところはここまでとします

コメント

タイトルとURLをコピーしました