やる気がない人をやる気にさせるには? まとめです。

小樽の保険翻訳家
社長のお悩み相談所 所長 中田 勝です

ブログスタート62日目(毎日更新中)

さて、昨日の続きです
自分のダイエット体験の中で、波に乗れている

①「小さな成功体験」
 いわゆる「ベイビーステップ」はズバリ「短期間のうちに結果・成果」が出た事です。

簡単に言えばスタートダッシュですか?
やはり。。。。。

② 短期間で「何かしら」結果が出れば嬉しいじゃ無いですか?
逆にずーっとやっていても、結果が出なければ継続しにくいですよね。

一体、この状態をいつまで継続するんだー

確かに、同じ事をコツコツと積み上げていく作業も必要です。

でも、ここでは
やる気が無い人をやる気にさせるには、、、
がタイトルなので、いかに重い腰を上げて、スタートラインに立って、行動に移していくか?
がメインの考え方なので、そこに考え方の照準を合わせて行きます

周りの人たちは
・そんなに早く痩せて身体に悪いよ!
・もっとゆっくり痩せれなければ身体に負担がかかるよ!」
・また、リバウンドするよ!
等々、自分の事を心配してくれるかのように色々な事を言ってきます。

一方で日常の食生活についても、
あんまり無理するとストレス溜まるから、とか
今日は1日くらい食べったっていいよ、大した変わらないから
あっ、それ食べ方間違ってるよ。やめたほうがいいよ。
糖質制限ってあんまり身体によく無いよ!
とか、、
まぁーまぁー色々な事を言ってくるわ、くるわ

だいたい、自分の何をわかって言ってくるんだーって、心では思っていましたが、今回は違いました

それは
「食べ物に関する知識、血糖値のメカニズム、筋肉トレーニングの効果性、、、」
あらゆる事を減量中に試しました。

③ FOODリテラシー
ってやつですか 学びました。

周りから様々な事を言われても決して揺らがない「うんちく」を身につけました。
おかげで、昔程、色々な事を言ってくる方々の情報を整理して、全く何を言われても、気にならなくなりました。

決して、人の言われた事の忠告を聞き入れない頑固者というわけではなく、
自分の揺るぎない考え方を持ち
自分の考えている理論で「うんっ?」と思ったものは、
④ 情報を取り入れる
ようにして、それ以外はスルーする「術」を身につけました。

短期間(3日・3週間・3ヶ月)スパンで
何かしらの
①「結果」をを出す。
② そして、第三者の「承認」
が受けられれば特にOK!

本人が「自己肯定」されて更に自己高揚感も上がる!

継続的且つ効果的に進めるには自己管理するメンタルコントロールするために
やはり「パーソナルトレーナー」の存在って必要?
と私は、そう思っています。

だから、自分一人でやるのではなく仲間を巻き込んでの「習慣化」する目標を決めて行動する事をぜひお勧めします!

本日はここまでとします

コメント

タイトルとURLをコピーしました