今、自分にどんな知識が必要かは行動した後に見えてくる!

小樽の保険翻訳家

社長のお悩み相談所

所長 中田 勝 です 

ブログスタート 36日目

(毎日更新中)

今、自分にどんな知識が必要かは

行動した後に見えてくる!

今日はうちの長男の話だ。

現在、高校2年生である。

一応、小樽市内の公立進学校

に通学している。

来年は高校3年生。

そろそろ大学の進路について

色々と考える時期だ

まぁーあまり自分も大学進学の

進路については、

よく分からず、適切な気

の利いたアドバイスはできない

また今後、大学進学時のお金の話

になると「俺、知らん」

というわけにも行かず…

まぁー志望の大学の話を

長男と話をする

私も全く知識がいらない訳ではない。

でも、、、、

本当に必要な知識が何かって実際に

行動しないと見えてこない!

だから、最近、息子もそうだが、私も少しずつだが

「学ぼう」としている

私の業種でもそうなのだが、、、

保険商品を販売する上で、例えば労務

の事で知識を得たいのであればその時

に学べばいい。

そのほうが

いつか使うかもしれないから?

と言われて自分で必要性を納得しない

腹落ちしないまま学習するよりずっといいし

深ーく定着する。

やりたい事は本当は自分がよく知っている!

知識→行動にあらず

行動→知識である!

これ、1番大事な「思考」だと思いませか?

確かに、今、私、本格焼酎にめちゃくちゃ

ハマってますけど、、、

面白いし、次々と

頭の中に様々な情報が入ってきます

焼酎の本を買い、色々と勉強

している最中です。

これは勉強ではなく、趣味の範囲ですが、

自分の興味関心のある分野なので、、、

センス(感性)が磨かれる!

余計により詳しくないと、

マニアの方に対しても、対応できない

行動の順番を変えると、、、、

「考え方」も変わる!

さて、これをどう、息子に伝えることが

できるのかな?  

伝える難しさ

そして何より、行動が何よりも大事であるか?

気づきを得ることができました。😎

今日のところはここまでとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました