不運にも理由がある。幸運にも過程がある。

ブログスタートから

18日目(毎日更新中)

小樽の保険翻訳家

中田 勝です!

今日のブログは昨日の続き

にはなりますが、、、

「世代」について、、、、

業界的な話で行けば

「小学校の教育現場」の話です!

1970年代後半〜80年代前半

にかけ、(私の年次ですわ(^_^;)

第2次ベビーブームの

子供たちの就学に合わせて大量

に採用された新任教師たち。

私が小学校の頃に新卒採用された

先生たちですね。

(お疲れサマです😄)

長年にわたって教育現場を支えて

きた彼らが、今年、定年退職の

ピークを迎えている。

ベテラン教師が大量に現場から姿

を消す一方で、ゆとり教育を受けて

育った「ゆとり教師」が激増。

さらに過酷な教師という職業を

希望する学生が減少したことで

採用倍率も下がり、

因み以下のDATAのようだ。

================

公立小学校

教員採用試験の倍率

◯ 2000年度は12.5倍

● 2017年度は3.5倍

=================

に激減。(すごい下がりっぷり😵)

一般に倍率が3倍を切ると

合格者の質が担保できない

といわれているらしい。

その結果「教師の質の低下」

も囁かれている。

因みに、、、、

私、高校生の時の進路希望

は、中学校の社会科の教師になりたい!

という希望がありまして(^_^;)

残念ながら、教育大学に行けるオツム

がなかった、、、😜

しかし

今の教育現場は現実問題

大変なんだろーなー(^_^;)

ーーーーーーーーーーーー

今日の私の話は

「学校の先生(上司)側の目線」

ではなく、

「生徒さん(部下)側の目線」

の話を書きます。

ーーーーーーーーーーーーー

昨日のブログ

「アイドルが所属していた社長」

の未成年への対応の仕方あれは

論外ですが、、、

不運にも理由がある。

幸運にも過程がある。

運、不運には必ずといって

いいほどそれなりの過程や

理由がある。

一つの問題提起として、、、

世間は先生や上司側の立ち位置

から論ずることが多いですが、

生徒(部下)側の目線として

私一個人の意見をするならば、、

その先生(上司)が発した

言葉の裏にある意味を生徒(部下)

は「想像」出来るか?

というところなのかなと。

もちろん、色々あると思いますよ!

その中の一つに、少なからず

そのまま言われた事をそのまま

素直に聞き入れてしまったら。。。

だから、未成年(学生)には

それ相応な伝え方、パワハラ

ちっくな伝え方はナンセンス

ですが、、、、

自分はこう思います!的な

「自己主張」

「発信力」

「言われる事に対する反発心」

こういうものを自分自身が

持たないと、、、

自分の位置というか場所を

確保できない。

居場所がなくなる、、、、

自分のパーソナルスペースは

最終的には自分自身で作らな

ければならない!

我が家でもよく妻が長女に

言っている事を耳にする、、、

(現在、中学3年生。学校や

 友達関係で悩める思春期です

 (^_^;)

友達でも、学校の先生でも

・事実と違ったことを言われたり

・自分の事を見下された言い方

・バカにされたり蔑んだ言われ方

自分の感覚的に

なんかそれ?おかしくない?

的な事を言われた…トキ、、、

それは、きちんと

「反論しなさい❗️」

と子供には言っている。

きちんと声に出して、自分の主張

をアウトプットしなさい!

って言ってます🤓

今の時代って、スマホを初め

ネット社会だから情報はいくら

でも検索できる!

知識はすごいんだと思う。

なんせ、今の時代の一番の

先生は「グーグル先生」だから

(^_^;)

でも、頭でっかちで、、、

頭は知識で満タンなのに

「体験」が少ない。

知識の量は多い!

   が

体験の量は少ない!

そう、これが現代社会の

(=情報化社会)なのである。

なんでも情報量を元に

頭の中で問題解決を試み

ようとしている!

「受け身」で、自己の主張

を発信しない「依存体質」

の人が、、、

「老若男女」の壁を超えて

増えていると思います❗️

受け手側(生徒)部下が言葉

の機微や裏にある背景を感じ

取ろうとせず、、、

頭でっかちで知識だけいっぱい!

「考える事」もしない!

指示待ちで、自己主張が弱い人が

増えたのかな?と。

思うのであります😖

時代といえば時代…なのかもしれませんが。

「主体変容」

会社が悪い、社会が悪い行政が

悪い等、そんな言葉があふれて

います。

部下が言うことを聞かない

子供が言うことを聞かない

そんな言葉もよく聞きます。

人は困難や問題が起こったとき

何かのせいにしたくなります。

松下幸之助さんは、、、

「自分を変えなさい」と言っています。

周りや環境を変えようと思っても

なにも変わらない、先ず自分を変えて

始めて「変わる」と言っています。


私たち大人が変わらないと、若い世代

も、今の世の中も変わらない。

私も含めた40代が担う役割って、

そういう年代なのかもしれません。。。

自分を変えるとは、、、、

行動を変えることである。

今日のところはここまでとします。

(^_^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました